スポンサーリンク

紀州犬本来の魅力を知ってください

紀州犬は、気性が荒い、危険だ!とか世間では言われていますが間違いです。
紀州犬のことをよく理解して、飼育すればとても良いパートナーになってくれます。
紀州犬が残されてきた環境やどのように使われてきたかが分かれば、紀州犬の接し方がわかります。

紀州犬の起源

約1200年前、弘法大師(空海)が、真言密教の霊場を探している時に現在の奈良県五条市で、白と黒の2頭の犬を釣れた狩人と出会い、その2頭が弘法大師を守護して高野山へ導いたと言われ、その2頭が現在の紀州犬の祖先だと言われています。
三重県・和歌山を中心とした紀伊半島では、昔から狩猟が盛んで、猟芸に秀でた犬は高額で取引されていたそうです。
戦前の話ですが、優秀な犬は家一軒が買える金額で取引さていました。

紀州犬の悲劇

紀州犬というよりも、日本犬の悲劇といった方が良いかもしれませんが、第二次世界大戦で軍用犬としての供出や、軍人の防寒の為に使う毛皮の為に供出され貴重な日本犬が使われました。
その為、都会やその周辺にいた紀州犬などは少なくなり絶滅の危機がありました。

ですが、三重県や和歌山県の人里離れた山奥にひっそりと暮らしていた地の犬を先人が発見し、想像を超える努力の結果、現在の紀州犬が存在しているわけです。

紀州犬の性格

紀州犬は飼い主に従順で、狩猟の世界では、一銃一狗(いちじゅういっく)といって、一人の猟師に一頭の紀州犬で猟をすることを基本に猟をしていました。
野山を駆け巡り、命をかけて主人である猟師が来るまで、その場で止まらせる猟芸です。
主従関係がしっかりしていないとできない芸当です。

ですから、紀州犬と言わず日本犬全般に言えることは、主人に仕えることを喜びとして生きる素晴らしい犬なのです。

スポンサーリンク

紀州犬の毛色

現在は、白毛が95パーセントで有色(赤・胡麻)が5パーセントと言われています。
戦前は、紀州犬が70パーセントとが有色の紀州犬でした。
ですが、戦後、ある一頭の白毛の紀州犬の出現により色の割合が急激に変化して、紀州犬といえば、白毛と言われるようになりました。
付け加えると、有色の両親犬からは、有色・白毛は生まれますが、白毛の両親犬からは、白毛島生まれません。

紀州犬の子犬

生まれたばかりの子犬は、まるでネズミみたいですが、生後60日を超えたたりの子犬は、おそらく全犬種を比べてもトップクラスの可愛さを誇ります。
熊のぬいぐるみが、命を吹き込まれた様な感じです。

子犬を見ていると、自然に笑顔になり嫌なことも忘れさせてくれます。
この頃から、餌を与える人を決めて、主従関係をしっかり覚えさせていくことも重要です。
可愛がってばかりで、主従関係をちゃんと覚えさせないと、大きくなってからとても苦労することになります。

紀州犬の飼い方

紀州犬は元々猟犬なので、朝晩の散歩は、欠かせません。
また、非常に綺麗好きで犬小屋の中に糞尿をすることはほとんどありません。
ですから、朝晩の散歩をしっかりしてあげてください。

また、散歩でも犬の行きたい方向に行くのではなく、飼い主に従わせて散歩させてください。
散歩と書いていますが、できれば運動させる感覚が良いと思います。
運動不足になるとストレスがかかり、主従関係が崩れるおそれがあります。

エサは、成長段階にもよりますが、1日に1回から3回に分けて与えます。
よく、室内飼いで家族の食卓でエサを与えて、人間の食事から与えることをしている方がいますが、紀州犬にとって良くありません。
これをやると、自分は人間と平等だと勘違いをして、わがままになり手に負えなくなる可能性があります。
問題を起こした紀州犬の多くは、ちゃんとした飼い方をしていない犬がほとんどです。

うちの犬は大丈夫という気持ちは捨てる!

紀州犬は飼い主には従順ですが、飼い主以外には警戒心を持って接しています。
周りに人や動物がいる時は十分注意してください。
ご主人様といる時は、常に守っている紀州犬は考えています。
ですから、他人には懐くことは、あまりまりません。
逆にいうと飼い主冥利につきる喜びが紀州犬にはあります。

ホームセキュリティ紀州?

紀州犬は、大変賢く、家族の足音、家族が載っている車の音など聞き分けます。
無駄吠えはほとんどしませんが、不審者や家族以外の人が、侵入した場合など、威嚇します。
経験談ですが、一時期筆者の町内で、空き巣被害が多発したことがありましたが、我が家に紀州犬がいた為、我が家の一角は、一件の被害もありませんでした。

まとめ

紀州犬の性格や性質を理解して、ちゃんと躾ければ世間で言われる、危険だ気性が荒いということでは、ありません。
非常に従順で、最高のパートナーになってくれる犬種です。
また、一度紀州犬を飼って、紀州犬の良さがわかってしまうと、他の犬種では満足できなくなってしまう位魅力ある犬なのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク