スポンサーリンク

一人暮らしの暖房器具は、ライフスタイルで選ぶ

初めての一人暮らしで、悩むのは冬を越すための暖房器具です。
住んでいる部屋の大きさや建物の構造でコスパの良い暖房器具も変わります。
あなたの住居環境やライフスタイルに合わせて、コスパの良い暖房器具を選びましょう!

暖房器具は、建物・地域で変わる

新しいマンションやアパートに住んでいるのか、木造の建築物なのか築年数が古い建物なのかで、部屋の気密性が変わりますし、断熱効果も変わってきます。
また、住んでいる地域で建築構造も違いますので、暖房効果変わってきます。

北海道に住んでいた友人が、関東地方に引っ越してきて、北海道では冬でも部屋の中では薄着で入られたけど、関東では寒くて暖房を強くしても寒いと言っていました。
ですから、住居環境や地域で選ぶ暖房器具は変わってきます。

エアコン


最近のマンションやアパートには、初めからエアコンが設置されている事が多いので、初期費用が掛からないメリットがあります。

デメリットは、暖まるまでの時間がかかることです。
それと、内外温度差が大きいほど消費電力が大きくなることで、電気代がかかる事です。
夏は、室内温度を28度Cに設定して、外気温が32度Cの場合、温度ざ5度Cですが、冬は、室内温度を20度Cに設定した場合、外気温が5度Cの場合 温度差が15度Cあるので消費電力が大きくなり電気料金がかかります。

また、室内が乾燥するデメリットもあり、加湿器も必要になる場合があります。

フィルターの掃除をマメにする事で、暖房効率が良くなりますのでフィルター掃除は、こまめに行ってください。
一人暮らしのワンルームマンションなどは、スタンダードな暖房仕様です。

石油ファンヒーター


室内全体を早く温めるには、石油ファンヒーターはコスパはトップクラスです。
室内を長時間暖かく維持するには石油ファンヒーターが、電気代など考えると一番です。
また、コスパ的には金額もそれほど高くなく高性能なものが多くあります。

湿度が下がりにくいのも特徴で、灯油が燃焼する際に二酸化炭素と水蒸気が発生するために乾燥しにくい特徴があります。

スポンサーリンク

デメリットは、定期的な室内換気と灯油価格の変動でランニングコストが変化する事、マンションやアパートでは禁止しているところもある場合があります。
また、一人暮らしでワンルームの場合、灯油の置き場所を考えなければなりません。

エアコンとの併用がランニングコストを抑えるコツです。
石油ファンヒーターで室内を短時間で暖め、温度を維持はエアコンを使えば、ランニングコストを抑えられます。

ガスファンヒーター


室内全体を早く温めるには、石油ファンヒーターを凌ぐガスファンヒーターが一番です。
ガスファンヒーターはパワフルな暖房器具で、石油ファンヒーター同様乾燥しにくいのも特徴です。また、燃料を補給することもないので、長時間使えるのもメリットです。

デメリットは、まず、配管などの工事が必要になりますし、手軽に移動できないことです。
また、ランニングコストが電気や灯油より高いことです。
でも、それを超える暖かさ、速さは魅力ですし、燃料を置いておくことしなくてすむメリットもあります。

石油ファンヒーター同様、エアコンとの併用がランニングコスト抑えて快適に使えるコツでしょう!

電気ストーブ


電気ストーブやカーボンヒーターは、瞬時に暖かくなるのが特徴ですが、室内全体の暖房としては不向きです。

室内暖房の補助的な暖房器具(スポット暖房)として使うのが賢い使い方です。
暖房器具の中で、電気料金が高い暖房器具なので、エアコンで室内が暖まるまでの繋ぎ暖房や、足元だけ温めたいときのスポット暖房に適しています。

一人暮らしのワンルームですと、一番安く暖房器具を導入できますが、上手に使わないとランニングコストがかさむ恐れがあります。

サーキュレーターの併用

暖かい空気は上に、冷たい空気は下になりますので、暖房器具で温めた空気は、天井付近に集まります。

サーキュレーターで空気を循環させ効率よく室内を暖かくしてくれます。
夏の冷房も効果大です。
サーキューレーターの代わりに扇風機で代用できます。

まとめ

一人暮らしで、寒い冬を越すためには、1種類の暖房器具を使うより複数の暖房器具を上手に使い、効率のよい暖房を心がける事で、ランニングコストも抑えられ快適な室内空間が生まれます。
あなたに合った、暖房器具を見つけてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク