スポンサーリンク

風邪をひいた! 喉が痛い!治し方は?

風邪をひいた初期などで、よく見られる症状は、喉の痛みです。
喉の痛みが、悪化していくと、声が出なくなったり、食事がしづらくなるなど様々な支障が出てきます。
初期の喉の痛みの段階で、早く治しましょう!

風邪をひく原因

風邪は、喉や鼻の粘膜にウイルスが侵入して炎症が起き、喉の痛みや鼻水・咳などの症状が、現れる急性炎症のことです。
口や鼻は外気が直接入り込む為、細菌やウイルスが侵入しても外に出す防御機能が働いて
感染しないようになっています。
ですが、体力の低下などにより防御機能が弱くなりウイルスや細菌に感染して、風邪をひいてしますわけです。

喉の痛みのメカニズム

喉の粘膜にウイルスや細菌が侵入すると、免疫機能が働き侵入場所が炎症を起こします。
喉の粘膜部分の炎症箇所が、喉の痛みとして自覚症状として現れる訳です。

炎症箇所は、免疫機能がウイルスや細菌と戦っている場所なのです。
免疫機能が下がると炎症箇所が広がり、喉の痛みがひどくなったり治りが遅くなります。
炎症範囲が、広がると気管支炎や肺炎などになり、重篤な状態になる恐れもあります。

初期の段階で、炎症箇所を体の外と中からサポートしてあげれば、喉の痛みを早く和らげることになります。

喉の痛みを和らげる治療方法

風邪による喉の痛みを引き起こす炎症箇所を治す為には、
・炎症を抑える、和らげる
・炎症の原因のウイルス、細菌の増殖を抑える
・ウイルス、細菌を殺菌する
です。

温める

ウイルスや細菌の活動を抑えるには、温度と湿度が重要です。
首を温めて、喉の奥て増殖しているウイルス・細菌の活動を抑えます。
その為に、マフラーやネックウォーマーで首を温めましょう。

湿度の確保

室内に湿度を保つ為に、加湿器などで湿度を保ちましょう。
マスクも直接喉の湿度を保つのちますので有効です。
また、寝るときもマスクして寝る工夫や濡れたタオルを枕の近くに置くことで、湿度の確保ができます。

スポンサーリンク

うがいをする

水でうがいをするのは、予防としては有効かもしれませんが、喉の粘膜に侵入したウイルス・細菌を殺菌するには向いていません。
日本茶に含まれるカテキンには、殺菌作用がありますので、日本茶でのうがいはとても効果があります。
暖かい日本茶でうがいをすれば、ウイルスや細菌は高温に弱いので、効果が倍増します。

紅茶に含まれるタンニンは、消炎効果がありますので、紅茶でのうがいも効果的です。

うがい薬

市販のうがい薬でうがいをするのが、一番効果が高いです。
ちゃんと認可されて、効果が実証されていますので、容量や使用方法を守って、うがいをすれば、安心で最も効果のある方法です。

喉の痛みに効果がある飲み物や食べ物

殺菌効果のあるハチミツを使った飲み物で、喉の炎症を和らげる方法です。

ハチミツ生姜

擦った生姜とハチミツを混ぜて、お湯で薄めて飲む方法です。
ハチミツも生姜も殺菌作用が高いので、初期の風邪にはオススメの飲み物です。

ハチミツ大根

大根をさいの目に切り、ハチミツに漬けます。
約一晩でできます。
目安は、ハチミツの粘りがなくなっていれば完成です。

睡眠と栄養

今まで紹介した方法は、体の外からウイルスや細菌をやっつける方法でした。
ですが、外からの対処療法だけでは、一時的に良くなっても根本的に風邪が治るとは限りません。
ですから、体の中からウイルスや細菌をやっつけるには、免疫機能や自然治癒機能をあげて、風邪を治さなければなりません。
それには、十分な睡眠と栄養をとって、体力を回復させてください。

やってはいけない事

喫煙と飲酒

常識ですね、健康な体でも良くないのに、病気の体に良いはずはありません。

刺激物の摂取

香辛料や炭酸飲料は、炎症している喉に悪影響を及ぼしますので、我慢してください。

夜更かし

風邪をひいている状態で、無理をして仕事しても効率が悪くなるだけです。
風邪が、早く治して頑張りましょう!

まとめ

今回紹介したやり方は、風邪の初期症状の場合の対処法です。
二、三日で、治ならければ、速やかに医療機関で診察を受けてください。
風邪に良く似た症状で、別の感染症にかかってるいる可能性もあるからです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク