スポンサーリンク

フケの悩みを解消する方法


ある日スーツや制服の肩に白いフケがいっぱいでビックリした経験がありませんか?
フケは頭皮の老廃物ですから、垢と一緒なんです。
肩にパラパラ落ちているフケを見ると、不潔なイメージが出てしまいます。
毎日シャンプーをして清潔にしているつもりなのに、フケが出るそんな悩みを解消しましょう!

フケの原因と種類

フケには2種類あって、フケが出る原因は微妙に違いがあります。

乾燥したフケの場合 乾性フケ

頭皮の新陳代謝で古い頭皮が剥がれ落ちて、白い粉のようななが、肩にパラパラと落ちてくるのがフケです。
フケは、頭皮の新陳代謝(ターンオーバー)が正常なサイクルで行われないために起こる現象です。

ベトっとしたフケの場合 油性フケ

この場合も頭皮のターンオーバーが正常なサイクルで行われないために、古い頭皮が毛穴に詰まりその中で、ニキビの原因でもあるマラセチア菌が増殖して痒みなどを伴って、臭いやベトっとしたフケが発生します。

フケが発生する原因

フケが出るのは、原因があります。
それは、食べ物とか生活習慣・メンタル・シャンプーなど多岐に渡ります。

食 事

頭皮は皮膚ですので、お肌のケアと同じで食事面から改善していきましょう!
まず、刺激の強い香辛料などは控える。
油分の多い食事は控えるのはもちろんですが、炭水化物と糖質も気をつけてください。
炭水化物は、体内に吸収されると糖質に代わりエネルギーの源に変わりますが、余った糖質は脂肪に変わって、体内に蓄積されていきます。
糖質も、同じです。

生活サイクル

一日の疲れは、その日に取り除く
夜更かしや睡眠不足は、体の正しい回復サイクルを乱していきます。
規則正しい生活サイクルを守り、十分な睡眠と疲労回復を行うことで、体が本来持つ正しいサイクルを維持することが出来るわけです。

スポンサーリンク

メンタル

ストレスは、体が本来持っている様々な機能を狂わせるものです。
ストレスが、掛かってくると睡眠不足や頭皮のターンオーバーのタイムングが狂い出し、フケを発生させる要因になります。

シャンプー(洗髪)

フケが出るから、洗髪をしつこいぐらいに行っていませんか?
実は、シャンプーが原因でフケが出やすい状態になることがあります。
頭皮は、刺激しすぎたり適度な油分がないと、正常なターンオーバーが行われなくなります。
ですから、シャンプーは刺激の少ないシャンプーで洗髪をしてください。

フケが出ない様にする為に

食事

皮膚ビタミンと言われるビタミンB6・12の豊富な魚介類や大豆をはじめとする豆類を食べることで、頭皮のターンオーバーを正常なサイクルに導いてくれます。

ストレス解消

ストレスを溜めない
ストレスは、体の様々なところに影響を及ぼします。
ストレスを掛けない生活ができれば、一番良いですが、現代社会ではそれは、無理でしょう。
ですから、ストレスを溜めない工夫をしましょう。
ストレスが、掛かったら解消できる趣味や好きな事をする事で、ストレスを溜めない様にして下さい。

シャンプーの種類

では、どんな種類のシャンプーを使えば良いのでしょう?
シャンプーは、洗浄力が高いシャンプーが良いシャンプーとは限りません。
シャンプーには、石油系・石鹸系・アミノ酸系と大きく分けて3種類のシャンプーがあります。
石油系は、洗浄力は非常に強いのですが、逆に強すぎて、頭皮を必要以上に刺激をしてしまい、フケを誘発してしまいます。
石鹸系も洗浄力が強いシャンプーで、汚れは良く落ちます。
ですが、汚れも落ちますが、必要以上に頭皮の油分を洗い流してしまい、フケを誘発します。
アミノ酸系は、洗浄力は落ちますが、頭皮には優しいシャンプーで、頭皮をマッサージする様に爪を立てずに、指の腹で優しく洗えば、フケの改善・予防になります。

頭皮の化粧水ヘアトニック

ヘアトニックとヘアリキッドは呼び名は似ていますが、目的は全く違います。
ヘアリキッドは、髪型を整える為のもので、ジェルやムースなどと同じ扱いです。

ヘアトニックは、顔に例えると化粧水で、保湿効果や頭皮への栄養を補充する目的のものです。
薬用や育毛と書いてあれば、安心して使って良いです。

まとめ

天候や季節でフケの出方が変わる面倒な頭皮の状態!
でも、体や心に負担をかけたい様に生活をする事で解消できます。
そんなの無理だよと思うかもしれませんが、一つでも良いですから、変えていきましょう!
その一つで、劇的にフケの症状が変わるかもしれませんよ!

スポンサーリンク

スポンサーリンク