スポンサーリンク

自律神経失調症の原因と症状


めまいや不安感・慢性的な疲労感などがあり、体調が良くない日が長く続いている。
しかも、体調がすぐれない原因が分からない。

そんなあなた、もしかしたら、自律神経失調症かもしれませんよ!

自律神経失調症とは

体のある部分が痛くなったり、精神的に落ち込んだりなど様々で、いくつかの症状が重なって出たり、自然に治ったりする場合もあります。
また、内臓や体の器官に異常が出ているわけでもないので、自覚症状があるのに病院で検査をしても異常が出ないので、診断が難しい病気です。

自律神経失調症の症状

自律神経失調症の症状には大きく分けて体の症状と心の症状があります

体の症状

・頭痛、耳鳴り
・動悸、胸痛
・咳、呼吸困難
・肩こり、手足のしびれ
・だるい、疲労感
・多汗あるいは汗が出ない
・食欲増加、食欲低下、飲食障害
・口の渇き、口の痛み、味覚障害
・睡眠障害
・立ちくらみ、めまい、耳鳴り
・微熱・発熱
・頻尿、残尿感
・血圧の異常(低血圧・高血圧) など

精神的な症状

・情緒不安定
・疎外感
・不安
・パニック症状
・集中力の低下
・イライラ

自律神経失調症の原因

自律神経失調症を発症する原因は、一つの事が原因で発症する場合もありますし複数の要因で発症するなど様々です。
・ストレス   
仕事や勉強で強いストレスや環境の変化によるストレスなど

スポンサーリンク

・生活スタイル 
夜更かしや夜間勤務などで生活のリズムが狂い発症しやすくなります。

・ホルモンバランス 
ホルモンの分泌と自律神経のコントロールは、脳内にある視床下部が行なっています。どちらかの機能が正常に働かなくなった場合、お互いに影響し合ってしまいます。

自律神経とは

人間の体は、体性神経と自律神経の二つの神経が身体中に張り巡らせて、生命の維持や運動などができています。
体性神経は、体を動かしたり、暑い・寒い・痛いなどの信号を脳に送る役割です。
自律神経は、心臓を動かす・血圧や体温の調節や食べ物の消化など意思に関係なく働く神経です。
自律神経には交感神経と副交感神経の2種類ありその総称が自律神経です。

交感神経

人間が起きている時に働く神経です。
仕事をしている時・スポーツをしている時など昼間の活動の時に働く神経です。
ストレスや緊張なども交感神経に影響します。
楽しく仕事をしている時やスポーツを楽しんでいる時と仕事や勉強でストレスを感じたり、肉体労働で過度の疲労を感じたりした場合では、交感神経の働きが違いストレスを強く感じる場合は、交感神経が過度に働き、自律神経のバランスが崩れすお恐れがあります。

副交感神経

副交感神経は、主に就寝時・食事中・リラックスしている時・体を休めている時に働く神経です。
就寝時や体を休めている時に体を回復させる機能を持っています。
副交感神経の働く時間が短いと、体が十分回復せず、疲れが取れずに体がだるい・肩こり・めまい・微熱などの症状が出やすくなります。

自律神経失調症の対処

自律神経失調症は、副交感神経が十分な働きが出来ていないので、症状が出てくると考えられています。
交感神経から副交感神経への切り替えをスムーズに行い、体を回復させる時間を十分捕れるような方法を行う事です。
では、交感神経から副交感神経に切り替えるにはどうしたら良いでしょう。

入浴

ややぬるめの温度(38℃〜40℃)のお風呂で体を温め、心と体をリラックスさせましょう。
高い温度の入浴は交感神経が働くので良くありません。
日付が変わる前に就寝して、睡眠時間は十分取る事です。

運動

楽しく思える運動をしましょう
勝敗があるスポーツは、勝負にこだわる恐れがありストレスの原因になるのでオススメしません。
ウォーキングやジョギングサイクリングなど長続きする運動が効果的です。

まとめ

自律神経失調症は、現代社会が原因で発症する病気とも言えます。
ストレスを溜めない努力と夜更かしをしないで、睡眠時間を十分取るだけでも、良くなる可能性も高いですし、予防にもなります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク