スポンサーリンク

男性の更年期障害は、どの年齢から発症し始める?


更年期障害は女性独特の病気と言われて来ましたが、最近の研究で男性にも更年期障害があることが、判明しています。
では、どの年齢で症状が出始めるのか、そのための予防は、症状が出た時の対処など解説します。

男性の更年期障害

更年期障害といえば、女性が閉経期に起こる症状で、男性には関係ないと言われていたのは、昔の話です。
『やる気が出ない』『イライラする』『だるい』『眠れない』『憂うつ』『のぼせ』『発汗』などで、うつ病によく似た症状で、もしかしたら・・・と思うことがあるまもしれません。

男性の更年期障害は、年齢の幅が広く辛い期間が長くことも多くあります。

男性の更年期障害の発症年齢

男性更年期障害を発症する年齢は、40歳代後半が多いと言われています。
会社の中でも、責任の重い仕事や地位に付きストレスを多く受け、肉体的な老化が出始める年齢です。
そのほかにも、30歳代で症状が出始める人もいれば、60歳代・70歳代で発症する人もいますので、発症年齢の幅が広いのも男性更年期障害の特徴です。

男性更年期障害の原因

男性更年期障害の原因にな男性ホルモンのテストステロンが大きく関係しています。
テストステロンは、性欲を高め、たくましい肉体を作り判断力をつけて、髭(ヒゲ)をはやし、挑戦意欲を高めるなど、男性らしさ(男らしさ)を高める働きをするホルモンです。
テストステロンは、20歳代をピークに減少していきます。

テストステロンの分泌の減少と共に、性欲の減退、身体機能の低下、中年太り、うつ傾向などさまさまな、精神・身体に不調が起るのが、男性更年期障害です。

男性更年期障害の予防

男性の更年期障害の予防は、テストステロンを十分に分泌できる生活をすることです。
テストステロンは、睡眠中に生成され、朝が一番テストステロンの量が多く、夕方が最も少くなります。

本来は、加齢と共にテストステロンは減少するはずですが、現在では、40歳代〜50歳代がテストステロンの分泌量が少ないという調査結果も出ています。
生活や、仕事でもストレスが多いことが原因でテストステロンの分泌量が減少していると考えられています。

スポンサーリンク

男性更年期障害の改善方法

男性更年期障害を改善するには。テストステロンの分泌量を多くすることが一番です。
では、テストステロンの分泌量は増やす方法はどのような方法があるでしょう!
筋力トレーニング
短時間に筋力トレーニングの様な激しいトレーニングがテストステロンの分泌を促します。
逆に、マラソンのうような長時間のトレーニングはテストステロンの分泌量が少なくなります。

亜鉛

男性ホルモン(テストステロン)の生成する量を増やすには、亜鉛の摂取が欠かせません。
サプリメントも有効ですが、普段の食事で補うことが重要です。
亜鉛は、大豆食品に多く含まれていますので、納豆やお味噌汁を毎朝、食べる事で亜鉛の摂取は可能になります。

また、昔から精力に良いとされている食品は亜鉛は多く含まれていると思って良いでしょう。

テストステロンの分泌量を減少させる行動は避ける。

アルコール・タバコは避ける。
アルコールはを摂取すると最大20%のテストステロンの生成量が減少します。
タバコを吸うと、テストステロンの生成を阻害する物質が体内で作られ、テストステロンの生成量が少なくなります。

ストレスをできるだけ避け、十分な睡眠をとる。

ストレスは、喫煙と同じでテストステロンの生成を阻害する物質が生成されますので、ストレスを溜めない生活を送りましょう。

睡眠中にテストステロンを生成しますので、睡眠不足は避けてください。

まとめ

男性更年期障害は、現代社会がもたらした病気かもしれません。
ストレスが多く、忙しいあなたも男性更年期障害になる可能性は、大いにありますが、食事や生活の一部を改善する事で、回避できる可能性があります。

また、残念なことに発症してしまった方は、一つでも良いですから生活の一部を変えましょう。
少しでもよくなったら、大きな進歩です。

無理をせず、できることから始めてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク