スポンサーリンク

バレンタインデーにチョコレートをもらうと嬉しいけどその意味は

バレンタインデーと言えば、ちょいワル親父は、娘から貰うか、夜のクラブ活動でお姉ちゃんから貰うくらいなんですが、本来のバレンタインデーの意味は知りません。

お菓子メーカーがチョコレートを売る為にバレンタインデーを利用しているだけと思ってました。
ですから、本当のバレンタインデーの意味を調べましたので、説明して行きます。

バレンタインデーとは

バレンタインデーの歴史は、ローマ帝国の時代にさかのぼると言われています。
ローマ帝国皇帝・クラウディウス2世は、愛する人を故郷に残した兵士がいると、戦いに集中出来なくなると思って結婚を禁止していました。
キリスト教の司祭だったウァレンティヌス(バレンタイン)は可哀想に思い、兵士達に隠れて内緒で結婚式を行ってあげるようになりました。
やがてその噂が皇帝の命令を背き続けた結果、ルペルカリア祭に捧げる生贄として269年2月14日処刑されました。

スポンサーリンク

このためキリスト教徒にとって、2月14日は祭日となり、恋人たちの日となったと言われています。

本命チョコ

恋人やその候補、夫等に贈られるチョコが本命チョコです。
義理チョコと比べ、質が高く高価なものが選ばれているようです。
ラッピングも義理チョコに比べると凝ったものが多く、中にはメッセージカードを添えて贈るパターンもあります。

義理チョコ

義理チョコの存在って、「たかがチョコ、されどチョコ」って感じですよね。
よく「義理立てする」など義理と言う言葉は、義理チョコも同じような意味があるようです!
女性から男性に贈るチョコレートの中でも、チョコは行事のひとつになっているので、感謝コミュニケーションの一環としては意味があるようです!

友チョコ

友チョコって何なの!?」という方もいらっしゃるでしょう。
義理チョコとの差が分かりにくいかもしれませんが、友チョコという言葉は、多くの場合、女性を指します。
お互いに持ち寄ったチョコの交換が行われます。
チョコを交換し合うので、ホワイトデーでもお返しは、必要無いようです。

まとめ

バレンタインデーは、お菓子業界が作り上げた文化で、チョコの年間売上の10〜15%をしめるイベントです。
ですが、バレンタインデーは男女間を取り持つ重要なイベントでもあるのです。
運よくチョコを貰えた人は、ホワイトデーのお返しを考えていてくださいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク