スポンサーリンク

一人暮らしを始めるの初期費用はいくら掛かる


進学や就職などで、一人暮らしを始めて、人生の新しいスタートを迎える方へ。
部屋を借りたり、家財道具を揃えたりと何かと何かとお金がかかります。
では、どのくらい掛かるか調べて見ました。
出来るだけ節約して、新生活をスタートする生活費にあてましょう!

部屋を借りる費用

一人暮らしをするには、まず住む場所を確保しなければ始まりません。
住む地域や間取りなどで、家賃の差が大きく違ってきますので、平均的な金額で紹介して行きます。
家賃 60000円で計算

・敷金 1ヶ月分程度 60000円

 敷金は、家賃に対する補償金みたいなものです。なんらかの事情で家賃が払えなくなっら場合に家賃充当されます。
また、退去する時、入居者は原状回復義務がある為、入居時の現状回復の費用にあてられます。
ですが、全額を原状回復に使う訳ではないので、余った分は返金されます。
敷金無しの物件もありますが、退去時に現状回復に掛かる費用を実費負担になる場合があります。

・礼金 1ヶ月分程度 60000円

 礼金は、昔からの慣例・風習で、大家さんにこれからお世話になる感謝の意味で支払うお金です。

・仲介手数料 1ヶ月分程度 64800円

 不動産仲介業者に支払う料金です。仲介手数料は法律で定められていて、家賃の1ヶ月分+消費税が上限に定められています。

・前家賃 1ヶ月分程度 60000円

賃貸契約時に来月分の家賃支払うことを言います。当月分の家賃は、月の途中で入居する場合は、日割り計算で支払いますので、予算を低く抑える場合は、月の後半に入居すれば、当月の家賃が安くなりますので、入居日をよく考えて契約しましょう。

・管理費及び共益費 3000円〜6000円

管理費はマンションで管理人の費用を含むマンション全体の管理をする費用として徴収する費用です。

共益費は、アパートなどで、住人が共益に使われつ部分の電気代や照明などの費用に当てられます。
管理費や共益費を家賃に含めて居る場合もありますが、家賃から切り離すことで、家賃を安くみせるためにこの方法をとる場合もあります。

・火災保険料 年間 4000円〜24000円

火災保険と一口に言っても、持ち家用・賃貸用で内容や金額も変わってきます。
賃貸で必要な保険は以下の通りです。
借家人賠償責任保険
個人賠償責任保険
家財・地震保険

万が一あなたの過失で家事を起こしてしまった場合、莫大な損害請求をされる事になります。
その為、火災保険は、必須です。
ですが、不動産屋さんや大家さんから火災保険の紹介は、少し考えましょう。
保険加入で、紹介手数料などが入る為に、高い保険料の保険に加入させられる場合がありますので、Webなどで調べて、自分の家財やライフスタイルにあった保険に入る事をお勧めします。

スポンサーリンク

 

・鍵の交換料 10000円〜20000円

部屋を借りて入居する時、鍵の交換をするべきでしょう。
前の入居者が合鍵を作っていた場合や鍵が返却されない場合がありセキュリティーの面で不安が残るからです。
鍵の交換費用は、鍵の種類で金額が変わります。
一般的な鍵 10000円前後
マンションなどで使われるディンプルキー 15000円〜20000円
特殊な鍵 20000円以上

引越し費用

0円〜120000円
初期費用で最も差が出てくるのが、引越し費用です。
簡単に言えば、自分が動いて運ぶか、引越し業者に全てお任せするかで。費用が大きく変わってきます。

個人・家族・友人

限りなく0円に近い
最も費用が抑えられる方法です。
ただし、素人が運ぶので、時間が掛かったり肉体的な辛さがあります。

軽運送

15000円前後
近距離で、荷物を自分で梱包・荷ほどきをするなら、金額が抑えられます。

引越し業者

35000円〜50000円
時期や曜日・時間で金額が大きく変わります。
単身引越しパックなどがあり、梱包作業から荷ほどきまで行うサービスもあり、遠距離の引越しや、短時間で作業を済ませたい場合には便利です。
数社に見積りを出して、選ぶことをお勧めします。

家具

平均的な購入金額 150000円

自宅で使っていた家具を持ち込めば、購入しなくて済むので、安上がりです。
新しく揃える場合は、大手量販店などで買う場合は、配送料が無料かどうか確認しましょう。

どうしても安く済ませたい場合は、リサイクルショップや家具のアウトレットショップを利用すると良いでしょう。

家電

冷蔵庫・洗濯機のセットで35000円位
冷蔵庫・洗濯機・TV・掃除機・炊飯器・電子レンジ・ポットで100000円位

初めは必要最小限の家電を揃えましょう。
最近の大手量販店では、単身用の家電をセットにして居る場合もありますし、一箇所で買い揃えると、値引き交渉もしやすく配送料も無料や設置費が無料に出来る事もあります。

まとめ

一人暮らしを始めるには、初期費用として最低30万円位は必要でしょう。
上手に工夫すれば、それ以下に抑える事もできます。
あなたが、一人暮らしをする為に必要な所を書き出して、細く検証する事で、費用を大幅に下げる事ができるはずです。
抑えたお金で、生活に余裕を持たせて、一人暮らしをエンジョイして下さい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク