スポンサーリンク

人気のルイボスティーの美味しい入れ方とその効果

ルイボスティーの人気がすごいですね!
老化の原因と言われる活性酸素を抑える効果がルイボスティーにあると言われています
妊活や授乳中でも飲めるルイボスティーはどんな効果があるのでしょう。
また、美味しいルイボスティーの入れ方とは?

ルイボスティーとは

ルイボスティーとは緑茶や紅茶などのようにお茶の木から採れるものではなく、豆科に属する背の低いかん木の松の葉のような針状になった葉の部分のことで、学名ではアスパラサス・リネアリス呼ばれています。

南アフリカ原産で、昔から南アフリカの先住民の間では日常的に飲まれていました。不老長寿のお茶と呼ばれており、健康に良いお茶です。

一般的な紅茶や緑茶とは違い、カフェインを含まないため、夜に飲んでも眠れなくなることがありません。

水色(すいしょく)は、赤みを帯びた透明な感じでほのかな甘みと独特の香りがあります。

活性酸素を抑える酵素のスーパーオキサイドディスムターゼが含まれているため健康茶としても注目を集めていますが、ティータイムのお茶としても好まれています。

ヨーロッパではルイボスティーにフレーバーを付けたものも愛飲されています。

口当たりが良い飲み口ですので、お子さんや妊婦さんなどにもおすすめのお茶です。

ルイボスティーは何に良い

ルイボスティーは様々な健康効果があるとして知られています。
特にオススメなのが、妊活を行っている人の活用です。

妊活とは妊娠しやすいように活動することですが、ルイボスティーは女性だけではなく男性の妊活にも有効だとされています。
妊娠しにくい理由は様々なものがありますが、活性酸素によって不妊になっているというケースもあります。

女性の場合、卵子が酸化ストレスによって障害を受け、質を低下させて受精障害が起きているということがあります。

スポンサーリンク

男性の場合は、活性酸素が増えると精子が老化して、受精させにくくなるということも考えられます。
ルイボスティーはそんな不妊の原因になる活性酸素を除去する効果があるため、妊娠しやすい体に導きます。

また、血行が良くなることによって子宮や精子の環境が良くなったり、ノンカフェインのため安眠効果によってストレスが軽減することなども妊娠しやすくなると言われるルイボスティーの効果になります。

ルイボスティーの入れ方

ルイボスティーの美味しい入れ方ですが、まずスタンダードなお湯出し・水出しボトルの場合はティーバッグを大きめのボトルやポットに入れて水を注ぎます。

水の量はルイボスティーの種類によって異なるが大体1リットル程度で、沸騰したお湯を使う場合はお湯を入れてから2~3分程度置いて、水出しの場合は8時間程度常温もしくは冷蔵庫に入れて保管すれば十分に成分が出て完成します。

やかんを用いてに出す場合は鍋に水とティーバッグを入れて強火で加熱しましょう。
沸騰したら弱火にして3~5分程度火にかけてに出していきます。
その後は火を止めて適温になるまで冷ませば完成です。

電気ポットを使う場合は電気ポットに水とティーバッグを入れて再沸騰のボタンを押して沸騰させれば後は常温になるまでおいて完成で、電気ポットを持っていれば最も簡単な入れ方です。

最後にペットボトルを使った手軽に入れ方はペットボトルに少し余裕が残る程度に水を入れて、ペットボトルの飲み口からティーバッグを入れます。

その状態で常温か冷蔵庫で8時間程度置けば完成で、そのまま飲むことができるので簡単ですが、煮出しタイプよりも成分が出ない為に効果は弱くなります。

まとめ

ルイボスティーは、健康に良いお茶なのは事実ですが、しっかりした商品管理をしているお店から、購入する事をお勧めします。
輸入されてから、時間がたったルイボスティーは有効成分が減少して、本来の効果が望めません。
人気のあるお店は、回転が早いので常に新しいルイボスティーが揃っていますのでそういうお店で購入しましょう!

ほうじ茶の美味しい入れ方と効果・効能

スポンサーリンク

スポンサーリンク