スポンサーリンク

自分には気付きにくい加齢臭の予防方法と対策

他人の加齢臭は、すぐ気付くのですが、自分が加齢臭を出している事を自覚している人は、あまり多くありません。
年齢を重ねていく段階で、少しづつ臭い始める加齢臭に慣れてしまって、自覚がないのです。

なざ、加齢臭は出るのでしょう!
その予防は?、対策は?詳しく解説します。

加齢臭のメカニズム

加齢とともに気になる加齢臭は、汗臭い臭いとは異なります。老化が進むと分泌される臭いといってよいです。男性の場合、早い人で30代後半から発生し始めます。40代、50代になると強い臭いの加齢臭を発することもあります。

臭いが発生するメカニズムは、まず皮脂腺で脂肪酸であるパルミトオレイン酸が発生します。
その脂肪酸が過酸化脂質と結びつくと酸化して分解されます。

そうするとノネナールと呼ばれる臭いの物質が生まれます。
これが加齢臭の原因物質です。

酸化した皮脂の臭いといってよいでしょう。
皮脂も油ですが、使用した食用油も揚げ物に使って数日放置すると嫌な臭いになります。
それと同じです。
ノネナールは、水で溶けにくく肌にこびりつく性質を持っています。
さらには、シャワー程度の洗浄では落とすことができません。

若い人の方が皮脂が多いので臭いを発生しそうですが、若い人は新陳代謝が活発で腐敗臭などが分解されてあまり臭わないのです。

加齢臭はどんな匂い?

加齢臭は40歳を過ぎた頃から生じるもので、年齢を重ねることで発生するノネナールという物質が加齢臭と言われています。

加齢臭の原因であるノネナールは、皮脂の中にある脂肪酸の一種の物質が過酸化脂質により酸化し分解されることでノネナールというニオイ成分物質を発生させます。

過酸化脂質はコレステロールなどの脂質が活性酸素で参加されてもので、ノネナールは40歳を過ぎると急激に増加します。

スポンサーリンク

自分では気づきにくいのも加齢臭の特徴で、どのようなニオイであるかを知っておくのも良いことです。

ノネナールの特徴は、蝋燭のようなニオイであったり、古い本やブルーチーズのようであるとか、腐った油や魚などと表現されます。

表現が色々あり感じ方が異なるのは、加齢臭は汗や体臭、衣類などが混じるため、感じ方は異なり、汗や体臭などは食べ物であったり生活習慣によっても異なります。

自分では気づかないこともありますが、客観的に確認するには家族に聞くことです。

対策には食生活や生活習慣など日頃のケアが大切です。

加齢臭の予防法

加齢臭の予防方法は清潔に保つ事が前提になりますが、シャンプーを使うのは1日のうち1度だけに限りそれ以上の回数は使わないように心がけ、加齢臭が気になる時はお湯のみで洗い流すようにします。

お湯だけでは頭皮に触れた時のベタつきが残ってしまうのなら、ウーロン茶もしくは緑茶をコットンに染み込ませて優しく拭き取ると、加齢臭の要因になる酸化物が取り除けます。

そして髪の毛が短い男性の場合、入浴後にドライヤーで乾かす習慣が無い方も多いですが、雑菌が増える事により臭いが強まるので繁殖しやすい生乾きの状態を避けるべく、毎回ドライヤーを使いきっちりと乾かしましょう。

また加齢臭は内面から原因物質が分泌されるという特性から、食事内容にも気を配るようにして、動物性蛋白質は摂取しないようにしてください。

動物性蛋白質と言えばお肉などに配合されていますが、大腸にて分解された後は腐敗してしまい、アンモニアとなり加齢臭の根源になります。

まとめ

加齢臭は、時に書いた通り、加齢=老化がもたらす独特な臭いなのです。
老化を防ぐ対策=アンチエイジングを行えば、自ずと加齢臭対策になります。
若返ることは、すべての健康を考えると良いことなのです。

女性の加齢臭の原因と対策

スポンサーリンク

スポンサーリンク