スポンサーリンク

なぜ、若い女性にも頻尿が起こるのか

通常、日中に5回〜7回トイレに行くのが平均的な回数と言われています。
就寝中のトイレの回数は0回が普通です。
頻尿は、日中に8回以上、就寝中に1回以上トイレに行くことがあれば、頻尿です。

女性の頻尿は膀胱炎かも

頻尿というとお年寄りの病気のような気がしますが、年齢に関係なくなってしまうことがあります。
実は、20代の若い女性にも頻尿で悩んでいる人がいます。
この原因は精神的なものと肉体的なものです。
肉体的なものには、膀胱炎になっていて、頻尿を起こしているケースがあります。

仕事が忙しくてトイレに行くのを我慢することを繰り返しているために、膀胱に痛みを感じてしまったり頻尿を感じることがあります。

少しでも変だなと思ったら泌尿器科で受診したほうがいいです。
また精神的な要因では、トイレを我慢してつらい経験があったりすると、近くにトイレがないとなんとなく心配で頻尿になってしまうことがあります。
とくに旅行先とかバスツアーなどすぐにトイレにいけないときに、気持が落ち着かずにすぐにトイレを探してしまうこともあります。
この場合も病院で自分の膀胱や腎臓に問題がないということが確認できれば少しずつトイレを我慢するなりして、トイレの間隔を伸ばしていくことで改善していくことができます。

20代女性 頻尿の原因

頻尿の原因はいろいろありますが、精神的なものと肉体的な問題に大きく分かれます。
精神的なものは、そんなに尿がたまっているわけでもないのに、トイレに近くにないとか外出したときにトイレがないと
余計に心配になっていきたくなってしまうというケースもあります。
肉体的な問題としては20代女性に多い膀胱炎ということです。仕事が忙しくて我慢してしまったとか、なんらかの原因で膀胱炎になってしまって頻尿になってしまうケースがあります。
痛みを伴うこともあるので、膀胱炎になってしまったときはすぐに病院にいって適切な処置をしてもらうことが必要です。
また、膀胱炎は、投薬治療で完治しますが、自己診断で、完治したと思わないことです。
症状が治まったから、膀胱炎が完治したと勘違いをして、治療をやめてしまうと、膀胱内に細菌が残り、慢性的な膀胱炎になり完治が難しくなる場合があるからです。

スポンサーリンク

気温の低下で、膀胱の柔軟性が低下すると、膀胱内に尿が少ししか溜まっていなくても、尿がいっぱい溜まったと感じてしまい、尿意が起こる場合があります。

20代女性 頻尿の予防

20代女性で頻尿になる原因にはストレス過多や生活習慣の乱れ、あるいは膀胱の病気などが考えられます。
その他にも水分の過剰摂取や妊娠・出産の影響により頻尿になってしまうケースもあります。
そこで20代女性ができる頻尿の予防法としては骨盤底筋を鍛えるというものがあります。

骨盤底筋は骨盤の底にあり骨盤や内臓を支えている筋肉です。
この骨盤底筋を鍛えることで尿道を締める力を改善させます。

トレーニングの方法も簡単で軽く両膝を立てて仰向けになり、腹部の力を抜いた状態で肛門に力を込めるように行います。
そしてゆっくり5秒後に肛門の力を緩める方法を2~3セット行うとよいでしょう。
その他にも膀胱訓練では尿意を感じたとしてもしばらくトイレには行かず我慢することで排尿間隔が長くなっていくことがあります。

もちろんストレスを溜めすぎないようにしたり、カフェインやアルコールなどの利尿作用を高める飲み物を控えるようにすることも頻尿予防となります。

また、冷えからくる頻尿には、首・手首・足首を温める事で体全体が暖まりやすくなり、膀胱の柔軟性が戻り、頻尿予防に繋がります。

まとめ

頻尿で悩んでいるにも関わらず、相談できずに悩んでいる方が沢山いらっしゃいます。
まずは、自分で予防対策を行ってみてください。
どうしても、頻尿が改善できない場合は、専門の医療機関に相談することをお勧めします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク