スポンサーリンク

レンコンは、スギ花粉症のお救世主

辛いスギ花粉症!鼻水やくしゃみが止まらず頭がボーッとなったりと辛いことばかり。
薬を飲めば、症状が緩和されますが、副作用が心配する方も多いと思います。
そんなあなた、レンコンが辛い花粉症を緩和してくれる救世主になってくれます。

スギ花粉症 症状

現在多くの日本人が花粉症の症状に悩まされていますが、その多くがスギ花粉症です。症状は鼻やのど・目・皮膚に現われます。具体的には鼻水、鼻つまり、くしゃみ、のどのイガイガ、目のかゆみ・充血、涙目、まぶたのはれ、肌荒れ、湿疹、微熱、悪寒などです。

また花粉症の症状が続くことがストレスとなり、思考力の低下や仕事・勉強の能率が落ちるといった影響が出ることもあります。

もともと花粉症はアレルギー疾患の一つで体内に入ってきた外敵や異物を排除する免疫システムが関係しています。花粉が体内に入ってくると、その花粉は異物とみなされます。

それを排除するために抗体が生み出され、花粉が入るたびに抗体は増え続け、一定量を超えると体内にヒスタミンなどの化学物質を放出します。
その物質に鼻や目の粘膜が反応し、様々な症状を引き起こすわけです。近年スギ花粉症の人が増えた原因はスギの樹齢に関係しています。

スギは樹齢30年を過ぎた頃から花粉を多く生産する特徴があります。戦後多くの山々に植林されてきたスギの樹齢が30年を越えると共に飛散する花粉量が増え、発症者が増加しているのです。

スギ花粉症 対策

スギ花粉症は杉などの花粉が鼻やのどの粘膜に付着しこれを排除するために体が感応しくしゃみや涙などが過剰に分泌されてしまうものです。

そのためその対策としては体にスギ花粉を入れないようにすることが重要です。
スギ花粉は非常に粒子が細かくどの様な隙間からでも入り込みやすいので目や口元を覆い花粉を吸い込まないようにマスクや眼鏡などで防御することが重要です。

最近では専用のゴーグルも販売されているので状況に応じ効果的に利用することも良い方法です。また、衣服などに付着してしまう場合も多いので家に入る前にしっかりと払い落とすことや、手洗いとうがいを行う事も大切です。

スポンサーリンク

スギ花粉症はアレルギーの一種で有る為、ひどい場合には医師の治療を受けることも必要です。

早めに診察してもらい、注射や投薬をしてもらうことが非常に有効です。

病状が重くなると思わぬ病気を誘発してしまうことが有る為、辛い場合には早めに医師の診察を受けることが必要です。

スギ花粉症にはレンコンが良い

春先などに悩みになってしまうのがスギ花粉症です。
これを改善するためには、薬などを併用するのと同時に腸内環境を整えるなどをして、免疫機能を高めることが大切だとされています。

そんなスギ花粉症に効果的な食材としてあげられるのがレンコンです。
レンコンは、ビタミンやミネラルが豊富で様々な健康や美容効果を期待することができます。

不溶性食物繊維が豊富なため、腸の中で便の量を増やして排出しやすくする働きや、ビタミンCが豊富で免疫機能を高める効果などを高めるほか、粘り成分であるムチンが粘膜を保護したり、タンニンによる抗炎症作用も期待できます。

オススメのレシピとしては、レンコンのポタージュなどがオススメです。
皮をむかずにすりおろしたものと、みじん切りにしたものを出しや酒で炒り煮にし、豆乳を加えて10分程度煮詰めます。
塩胡椒で味を調えたら、パセリを散らします。最後に菜種油を加えて完成となります。
他にもレンコンチップスにしたり、すりおろして甘酒に加えるなどもオススメです。

また、即効性ある方法は、レンコンの絞り汁を綿棒などで、鼻の粘膜に塗る方法です。
レンコンの粘り成分のムチンが粘膜を直接保護しますので、即効性のある対策です。
ですが、この方法には注意が必要です。

レンコンの絞り汁を鼻の粘膜に塗る前に、二の腕などの柔らかい皮膚に塗って、アレルギーがないかパッチテストを行ってから、実行してください。
稀に、レンコンアレルギーの人もいますので、必ずパッチテストを行うことをお勧めします。

レンコンの絞り汁をとった搾りかすも、ほかの料理の材料として使えば、体の外と中から、花粉症対策ができますので、お勧めです。

まとめ

レンコンが、スギ花粉症に有効なのが、理解してもらえたと思います。
この方法は、スギ花粉だけでなく、花粉症全般に有効な方法なので、試して見てください。
あなたの辛い花粉症が、少しでも良くなる助けになってくれれば、幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク