スポンサーリンク

ピロリ菌は実は怖い細菌です

胃が痛いというとピロリ菌がいるからだよとか言われませんか。
ピロリ菌と聞くと胃潰瘍の原因とか胃がんの原因と言われますよね。

ピロリ菌は、胃潰瘍や胃ガンの原因なのは本当のことなんです。

ピロリ菌がいなくなれば、胃潰瘍や胃ガンのリスクが格段に少なくなりますよ。

ピロリ菌とは

胃が痛いという経験はだれでも1度はあるものです。
ストレスによって胃が痛くなることもありますが、じつはピロリ菌が胃の中に生息することによって、胃の不具合を感じることもあります。

ピロリ菌とは、正式名がヘクトバクターピロリ菌といって、胃の中にいて悪さをする菌のことをいいます。

ピロリ菌がいることによって胃の痛みだけでなく、潰瘍や最悪、癌を作り出してしまうことがあります。

ですから胃の調子が続くというときは内科や消化器科でピロリ菌がいるかどうかの検査をうけたほうがいいです。

昔は内視鏡をやって組織を取る方法が一般的でしたがいまは、息を検査の容器に吹きかけたり、血液検査をすることで菌がいるかどうかの可能性が高い割合でわかるようになってきています。

まずは検査をしてみることが必要です。
そしているとわかったら除菌していくことが必要です。

除菌も一定期間薬を飲むだけなので、簡単に除菌することができるのがメリットです。

薬は副作用が怖いという方には、ピロリ菌を少なくする乳酸菌で作ったヨーグルトを食べれば良いでしょう。

ピロリ菌の感染ルート

胃がんの原因にもなりうるピロリ菌は、胃カメラで胃の一部を採取して、特別な検査を受けることでしか見つけることができません。

始まりは、食生活の乱れからくる胃炎の症状と同じくらいの痛みなので、病院に行っても、問診や触診だけではピロリ菌によるものかどうかわからないのです。

そのピロリ菌の感染ルートとして一番多いのは、汚れた水を飲んだことによる感染です。

スポンサーリンク

現在では飲み水の水質は非常に良く管理されていますので、感染者の多くは、まだ水質管理の行き届いていなかった時代をすごされたご年配の方に見受けられます。

他には、外国へ旅行中に水質の悪い水を飲んでしまい、感染してしまうこともあります。

ピロリ菌は薬での治療でしか死滅させることができないため、長引く胃の痛みの原因に、水質の良くない水を飲んだ可能性があるのならば、医師にその旨を伝えて早めの投薬治療を行うようにしましょう。

酷くなると胃に穴が開くだけでなく、胃がんにつながる例もありますので、胃カメラのできる病院を受診することをおすすめします。

ピロリ菌と胃ガンの関係

ピロリ菌は現在主に50歳以上の人に感染が見られます。これはまだ上水道が普及していない所で、井戸水にピロリ菌がいたためその水を飲んでいた人が感染したわけです。

この菌が人間の体に入ると、胃の粘膜に住みつきます。胃の粘膜には細かなひだがありますが、そのひだを荒し萎縮性胃炎を引き起こします。

その胃炎がひどくなるとひだそのものすらなくなってしまいます。
そうなるともうピロリ菌すら住むことができなくなってしまいます。

こうして弱った胃にはガン細胞が生まれやすく、胃ガンに発展してしまうわけです。

これがピロリ菌と胃ガンとの関係です。

日本人に胃ガンが多いのはこの菌のせいだと言われています。

胃ガンを予防するためには塩分の多い食事を改善するとともに、ピロリ菌を除菌することが必要です。胃ガンだけでなく、胃潰瘍の原因にもなっていることもわかっています。

菌の有無の検査は、呼気や血液検査で簡単にことができます。また除菌は抗生物質の入った薬を飲むだけです。

ピロリ菌を殺菌する為の薬は、個人差があり辛い思いをする方もいます。

ピロリ菌を殺す乳酸菌のヨーグルトを食べる方法も考えて見ましょう。

まとめ

ピロリ菌は怖い細菌ですが、検査方法の進化と薬や乳酸菌でピロリ菌を退治できることが判っていますので以前ほど怖がる必要はありません。

検査を受けることも必要ですが、普段の予防も含めてピロリ菌対策のヨーグルトを食べることをお勧めします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク