スポンサーリンク

ドリップコーヒーは入れ方で美味しさが変わる

お部屋に漂ういい香りと一杯の至福のコーヒー

ドリップコーヒーは、香りと美味しさの両方楽しめる飲み物です。

ドリップコーヒーの入れ方で美味しさも変わってきます。

ほんのちょっとの入れ方の違いが、コーヒー本来の香りや美味しさを醸し出します。

コーヒーミル

家庭でおいしいコーヒーを楽しむためには、コーヒーミルは必須アイテムです。

コーヒーミルに種類はさまざまなものがありますが、まずは手動式と電動式の種類を決める必要があります。

例えば、電動式ならカット式かグライディング式のどちらかなど、挽き方もさまざまですし、メーカーもたくさんあります。

お勧めは、やはり手動式です。なんといっても、ドリップコーヒーが主流のコーヒー好きの方ならば、ゆったりコーヒーの時間を楽しむにも、手動のコーヒーミルを使って自分のスピードでゆっくりとコーヒーを挽けるのが何よりの魅力です。

低いずっしりとした音と心地よくコーヒーミルから漂って広がる挽きたてのコーヒーの香りで、コーヒーを飲む前から気分を盛り上げてくれます。

手動式は摩擦熱が電動式よりも少ないため、美味しい香りをより引き立たせてくれるのです。

あとはコーヒーメジャーで挽きたてのコーヒーから適量を計り、お湯が沸いたら全ての準備が整うことになります。

ペーパードリップ

挽いた豆を使って淹れるペーパードリップによるドリップコーヒーは、香り豊かな豆を使う事でワンランク上の味わいが可能です。

準備する道具は、挽いた豆を淹れるペーパーフィルター・フィルターをセットするためのドリッパー・出来たコーヒーを受け取るサーバーが必要であり、熱湯が入っている夜間も準備しておきましょう。

スポンサーリンク

ドリップコーヒーは、人数に合った量を作る事が最もおいしいコーヒー抽出につながるので、飲む人数に見合った豆を準備して下さい。

お湯の注ぎ方も味の左右を決めるポイントとなっていて、まず少量の熱湯を注いだ後は豆の風味を出すために数十秒の蒸らし行為を行い、その後は数回に分けて数十CCのお湯を注いでいくと上質な味わいになります。

売られている挽いた豆を使うケース以外にも、煎った豆をミルで挽いてからコーヒーを淹れるという方法もあるので、豆を更にこだわりたい場合は専門店に行って量り売りをしてもらうと良いでしょう。

ドリップポット

コーヒーが好きな人にとって、ドリップコーヒーは一番心を癒されるものだと思われます。

ドリップを行うと、コーヒーの臭いが部屋に漂うことから、臭いだけでも心が癒されそうです。

ドリップコーヒーはストレス解消にも効果が高く、さらには美肌効果も高いことから話題を集めています。昔はコーヒーは体を冷やしてカフェインが多いため、摂り過ぎは悪影響を与えると言われていました。

しかし最近ではドリップコーヒーのもつ効果が見直され、むしろ毎日飲むことで心身ともに健康になる可能性が高まると指摘され始めています。

しかしコーヒーを飲む際に、大量の砂糖とミルクを入れるのは良くないとされています。

特に砂糖はカロリーも高いため、甘いコーヒーを大量に飲むのは美容の面でも好ましくありません。

ブラックのままのむことで得られるメリットが大きいため、なるべく他の嗜好品を加えないのが望ましいです。

ドリップコーヒーは新鮮な味がするため、ブラックでも味が美味しくいただけます。

まとめ

至福のひと時を醸し出すドリップコーヒーは、心も癒してくれます。

コーヒー豆を挽いている時から、美味しいドリップコーヒーの入れ方が始まっているわけです。

あなたのとっておきの 一杯のコーヒーを入れてくださいね。

ルイボスティーの入れ方と効果

ほうじ茶の美味しい入れ方と効果・効能

スポンサーリンク

スポンサーリンク