スポンサーリンク

いびきが原因で、他人や家族に迷惑をかけていませんか?

いびきの酷さは、自分では確認できないので、どんなに迷惑をかけているかわかりませんね!
いびきの原因を見つけてちゃんと対処しましょう!

イビキの原因

イビキは、睡眠中の空気の通り道が狭くなることで起こります。寝ているとき様々な原因によって気道が狭くなり、その狭くなった道を空気が通るときに生じる摩擦音がイビキとなる。

「気道を狭くする」原因は大きく4つ「肥満、ストレス、鼻づまり、アルコール」あります。

「肥満」の人は喉周辺に脂肪が多くついているため気道が圧迫され、狭くなってしまいます。

「ストレス」などで身体が疲労していると、睡眠中に喉のまわりの筋肉がいつも以上に緩みます。
すると舌が喉の奥へと落ちていき、気道は狭くなってしまう。

花粉症やアレルギー性鼻炎により「鼻づまり」になると、睡眠中は口呼吸にならざるえなくなります。
睡眠中に口呼吸すると、重力によって舌が落ちやすくなり、道が狭くなりやすい。

「アルコール」の摂取は、身体をリラックスさせ喉の周りの筋肉を緩めます。
その結果、空気の通り道が狭くなってしまう。
またアルコールは血行を促進し、血管が広がる影響で粘膜が腫れ、鼻詰まりを引き起こす点でもイビキの原因になりやすい。

イビキの治し方

自分のイビキは状態を確認することが難しいため、他人に指摘されない限り知ることはないのが基本です。
それでも年齢を重ねるとともに、自分のイビキで目を覚ましてしまう事例もあると言われています。快適に寝るためにも、治し方を意識することが健康の面でもメリットが沢山あります。

過剰なイビキをかく人は、アルコールを大量に飲む傾向があります。

少量であれば問題ありませんが、大量に摂取すると肺に炎症を与えて呼吸が荒くなります。
そのため普段からお酒を飲み過ぎている人は減らすことで改善される場合が多いです。

また肥満体質の人はとにかく痩せるような運動をすることです。
首に脂肪が集まると食道が圧迫されて、本来の呼吸の機能が大変になります。
これでは普通の深呼吸でも多くの心拍数を必要とするため、イビキが大きくなりやすいのです。

スポンサーリンク

イビキの治し方は、いかに呼吸を楽にするかが重要になります。
それでも改善されない場合は、一度医師に相談して治し方を指示してもらうのが無難です。

イビキ対策アプリ

イビキは隣に眠る人の安眠を妨げるだけでなく、自分自身の健康も蝕んでいることがあります。
翌朝パートナーにイビキについて指摘されても 自分では自覚が無いこともしばしば。

寝ている最中のことはどうしようもないと思われるかもしれません。

しかし最近は、睡眠中の自分のイビキを録音してくれるスマートフォンアプリがいくつかあります。
しかも、ただイビキ録音するだけではなく、その結果を分析し、それに基づいた対策を教えてくれたりと、優れた機能を持つアプリが揃っています。

あなたのそのイビキの原因が一過性の鼻詰まりなら対策は簡単ですが、時には睡眠時無呼吸症候群のような、恐ろしい病気が潜んでいることもあります。

これらのアプリを使えば、そういったリスクを早期に検知し、治療を受けたり対策を講じたりできるはずです。

また、たとえ病気が潜んでいなくても、毎日の自分の睡眠の質を確かめることは、日中の有意義な生活にも直結します。

これからはアプリで簡単に、自分の睡眠状態の管理ができるのです。
これらのアプリは、毎日の生活の質の向上に役立つこと間違いなしです。

お勧めのアプリ

いびきの原因が理解できれば、いびきの治し方がわかります。
ご自分のいびきの症状は、就寝中なのでわかりませんよね!
就寝中のいびきを録音して、症状を記録してくれるスマホアプリ
が、幾つも出ています。
その中でもお勧めは いびきラボ – いびき対策アプリ (SnoreLab)です。

いびきラボ – いびき対策アプリ

睡眠中のイビキを録音して、あなたのイビキの性質を分析して、対策を導いてくれます。
無料で使えるアプリですが、もっと詳しく分析するには、課金をしてより詳細を分析して見てください。

まとめ

イビキは、他人にどれだけ迷惑をかけているか分からないので、まずは自分のイビキを知るべきです。
今は、便利なアプリもありますので、自分のイビキを把握して対処してきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク