スポンサーリンク

最低これだけは知っておきたい御朱印マナー

御朱印ブームで多くの方が、社寺に御朱印を頂きに訪れていますが、残念ながら最低限のマナーも守れない方が、少なからずいらっしゃるようです。

社寺に気持ちよくお参りして、御朱印を頂けるように最低限のマナーは守りたいものです。

御朱印とは

神社やお寺に行くことを趣味とされている方も多くいらっしゃるのと思います。

参拝したときに何らかの記念がほしいと思われる方もいらっしゃることでしょう。

そのような場合に、御朱印をもらうということもひとつの方法となります。

御朱印とは、神社やお寺に参拝をした時に、その神社またはお寺の方にお願いして押印や筆で書き記してして頂くことのできるものです。

これを頂くことで、参拝したという証を手元に残すことが可能となります。

御朱印をもらう場合には、まず御朱印帳を準備することが必要となります。

現在では通信販売などで文房具のひとつとして購入することも可能となっています。

また、それぞれの場所で販売されていることもあり、場合によってはオリジナルの御朱印帳を販売されていることもあります。

具体的な方法としては、参拝後に神社やお寺の方に頂きたい旨をお話しすることで頂くことが可能です。

なお無料ではなく、いくらかを納めることとなります。

御朱印帳

寺社を参拝するとその証として職員から朱印と呼ばれるものを押印してもらうことができます。

御朱印帳とはこの印影をあつめるために用いる和紙製の帳面を指し、境内にある販売所で購入できるほか、寺社周辺の土産物店や神仏具店、インターネットの通販サイトなど複数の店舗で販売されています。

スポンサーリンク

今日つくられている御朱印帳には主に、経典や式辞用紙のように交互に山折りと谷折りを繰り返して1枚の和紙を重ねている蛇腹タイプ。

二つ折りにした和紙を同じ方向にまとめたあと折り目がついている方を糸でとじて冊子にした和綴じタイプ。

和紙に開けた丸い穴に糸を通して1冊にまとめた紐綴じタイプ。

全体的にはの3種類になります。

蛇腹タイプは横に広げて朱印を広げて見ることができる点、

和綴じタイプは広がりにくいため持ち運びに困らない点、

紐綴じタイプはあとから朱印がおされた和紙を並べ替えて整理できる点がメリットです。
また、御朱印帳の販売店の中には帳面を入れるための袋も扱っているところがあり、複数の御朱印帳を持ち歩いている人はこれをいくつか購入しておくと便利です。

御朱印のもらい方

全国各地にあるお寺や神社では、参拝者のために御朱印と呼ばれる印章を押して、参拝した日付やお寺の名前、御本尊の名前を手書きで墨書きをしてくれます。

御朱印ブームが起こっていることもあり、多くのお寺や神社で御朱印を授けています。

貰い方は、専用の御朱印帳を用意して、受付で手数料と一緒に渡します。

一般的なノートなどにもらおうとすると、失礼な行為とみなされるので断られることもあります。
専用のものが販売されていますから、必ずそれを取得するようにしましょう。

1つずつ手書きで書いてくれることになっていますが、すぐに目の前で書いてくれるところもありますし、参拝をしている間に書いてもらって帰るときに受付けで貰うという方法があります。

基本的にお寺と神社は全く別の存在ですから、御朱印帳もそれぞれ分けることが必要です。

お寺によっては、神社と混同することによって、不快に感じられることから断られることもあるので注意が必要です。

まとめ

神様と仏様は分けて御朱印を頂くのが最低限のマナーだとご理解いただけましたでしょうか。

また、御朱印を貰うことだけ考えていて、お参りもせずに帰るかたもいるようです。

お参りをしてこそ御朱印の意味がありますので、必ずお参りしてくださいね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク