スポンサーリンク

白髪用染めと白髪用トリートメントのメリット・デメリットと白髪の原因

加齢とともに増えてくるのが白髪。
できれば隠したいものです。
白髪を隠すのに白髪用毛染めを使うのが良いか。
それとも白髪用トリートメントを使うのが良いか。
メリット・デメリットを解説します。

白髪の原因

多くの方が誤解している事実として挙げられるのは後から白髪が発生するのではなく、元来髪の毛は白い物でありそれらに黒色が着色されて黒髪になっている事です。

つまり白髪というのは色素が失われているのではなく、黒色にすることができなくなっている状態を指します。

その原因は色素細胞と呼ばれる細胞の働きが弱まっている事が関係しており、細胞が活発化することで黒色になっているのですが個々により異なる原因によって作用が低下し、黒髪が生成できなくなっています。

病気以外にも白髪になる原因は日常生活の中に多くあり、特にストレスにより引き起こされる確率は高く、まだ若い20代であっても見舞われる引き金になります。

ストレスを受けている時は身体が緊張状態になっているので、血管が本来の様子に比べ著しく細くなっているため血行が悪化しており、結果的に自律神経に狂いが生じます。

神経系に乱れが発生すると幹細胞にもダメージが起こり、メカニズムが根本的に壊れてしまい黒くする物質が生み出せなくなり白髪になります。

白髪用毛染め

誰もが若く見られたい、そんな気持ちで毛染めを試みる方へもう一度考えていただきたいことがあります。白髪用毛染めにはメリットとデメリットがあります。

まず、メリットについて考えると、白髪染め用の染料は頭皮に良くなじみ白髪を染め上げます。白髪をぼかすこともできます。

さて、市販用で購入して白髪を染める方もいます。

自分で染めることができるので非常に便利です。
仕上がりも自然な髪質に見えます。自分で染めれば、節約もできて一石二鳥です。

スポンサーリンク

次は、デメリットについて考えます。白髪用毛染めには頭皮の健康を損なうような染料が含まれます。
敏感肌の人やアレルギー体質の方は頭皮にかぶれができたりする可能性もあります。

ですから、白髪を染めたいけれど心配になったら、病院で頭皮質について相談したり、美容院や理容室で染めることも選択肢の一つです。

また、あまりお金を掛けずに白髪を染めたい場合は、市販の白髪用毛染めになりますが、必ずパッチテストを行うことをお勧めします。

髪のおしゃれを大事にしながら髪質も気にかけてゆけば安心です。

より生き生きと自分らしく生活する上で考える良い機会です。。

白髪用ヘアカラートリートメント

白髪用ヘアカラートリートメントを使用するメリットは髪の毛を痛める事なく、白髪染めを行うことが出来ることです。

ヘアカラートリートメントなので地肌につけても肌荒れをすることもありませんので、肌が弱い方にもお薦めです。

デメリットとしては明るい色にする事が難しい点とヘアカラートリートメントは強力ではないので、一度で染める事が出来ない事になります。

綺麗に染めるためには何度もヘアカラートリートメントを行う必要があるので、即効性がなく、急ぎの時に利用することは向いていません。
また選べる色も少ないのもデメリットと言えます。

しかし、肌を傷める事がないというメリットが大きいので、ヘアカラートリートメントを利用している方は多くいます。

特に地肌は年齢と共に弱ってくるので、強い刺激を与えてしまうと抜け毛にも繋がってしまうので、ブリーチなどで染めてしまうと綺麗には染まりますが、髪の毛には非常に悪影響を及ぼす可能性が高いので、控えるようが良いでしょう。

まとめ

肌が弱かったり、アレルギー体質の方は、白髪用毛染めの使用は慎重になってください。
頭皮にかゆみが出るくらいですめば良いですが、ひどい方は顔全体が腫れ上がるなどひどい症状が出ることもあります。

白髪用毛染め・白髪用トリートメント双方は、手軽に使えますが、慎重に選んで使用してください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク