スポンサーリンク

不快なアンモニア臭が臭うのは

自分の体から、まるで尿のような不快なにおいが漂っていることがありますよね。
この臭いはアンモニア臭と呼ばれるものです。
肉体疲労の蓄積により、肝機能の低下によって起こる臭です。

アンモニア臭の原因と対策を解説します。

アンモニア臭の原因

アンモニア臭がする体臭の原因には、肝臓が大きく関わっています。汗には元々アンモニアが含まれていますが、肝臓の機能が衰えている時にはその量が増えてしまうのです。

通常アンモニアは、タンパク質が体内で分解される時に発生します。

健康な状態であればアンモニアは肝臓で尿素に分解され、尿として体の外に排出されていきます。しかし、疲労などによって肝臓の機能が低下している時には、分解されないアンモニアが体内に残ってしまうのです。

体内に残ったアンモニアは血液の流れに乗って体中を巡り、毛穴から出る汗や皮脂に混じることでアンモニア臭を出すことになります。

ですからアンモニア臭が強い体臭がする場合には、体に疲労が溜まって肝臓の機能が低下していることがあります。
また、飲酒の量が多い時などにも肝臓は大量のアルコールを分解しなければいけないので、肝臓の機能が低下してしまいます。

それからストレスを抱えていたり、便秘がちだったりしてもアンモニア臭が出やすくなります。

アンモニア臭対策

疲れやストレスなどが原因で強くなる体臭を疲労臭などと呼びますが、その正体がアンモニア臭です。

雑菌が脇などで繁殖して体臭がきつくなるのとは根本的に異なる原因が絡んでいるので、体内からケアをする対策をとらなくてはいけません。

アンモニアは本来尿として排出されますが、肝機能が衰えると汗という形で排出されるようになります。

スポンサーリンク

血流量が低下している人は、代謝が落ちることでアンモニアと比例して増えやすい乳酸が増加するので要注意です。
アンモニア臭が出ないようにするなら、代謝を高めたり血流量を増やすために半身浴などをするのが効果的です。

市販のフットバス用の家電を使ってもいいでしょう。

乳酸を増やさないように、サプリメントなどでクエン酸を摂取するのも一つの方法です。
クエン酸サイクルからエネルギーを供給したり、肝臓で尿素を分解してアンモニアを増やす酵素であるウレアーゼの働きをブロックします。

それから肉中心の食生活もほどほどにした方がいいでしょう。

アンモニア臭の予防方法

アンモニア臭は、普段は特に自覚できるレベルの強い臭いはなくても、車の排ガスやタバコのにおいを混じりあうことで強烈な臭いを感じるようになることもあります。

アンモニア臭は周囲の人も気にするので、体臭が強くならないように予防するにはどうしたらいいのでしょうか。
アンモニア臭が出ている人の体内は、乳酸が溜まっているか肝機能が低下している状態です。

血行不良の人が汗をかくと乳酸と比例してアンモニアが増えるので、体臭が強まります。

肝機能が上手く働かないと尿素をアンモニアに分解する酵素が増えやすいので、その分アンモニア臭がきつくなるというメカニズムです。

これらの現象の予防方法としては、血行促進のための対策をすることとクエン酸を摂取することです。

クエン酸があれば尿酸も増えにくく、アンモニア分解酵素の働きも抑えられますよ。

まとめ

石鹸やボディシャンプーでは、洗い流せないマンモニア臭は、体内の正常化が防ぐ唯一の方法です。
ストレスをためずに 体を休めることがアンモニア臭対策では一番大切です。

疲労をためない生活!

これが重要です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク