スポンサーリンク

端午の節句の由来と意味

端午の節句(こどもの日)は、大昔は、女の子の節句としての儀式でした。
武士が台頭してきてからは、男の子の儀式として受け継がれています。

端午の節句といえば五月人形、男の子が出世しするようにに鯉のぼりが揚げ、鎧兜を飾り邪気を払い、成長を願う行いです。

では、端午の節句は、いつ頃から行われているのか、どこから伝えられてきて、現在に至るのか解説します。

端午の節句の由来や意味は

中国から伝わってきた当初の端午の節句は、森羅万象を2つの気で考える陰陽道において陽数とされる奇数が重なり陽が強すぎることから不吉とされた五節句の1つであり、端午の節句自体は魔や邪気を祓う為に行われていた儀式に由来します。

しかし、長江や黄河などの下流域では旧暦の5月頃になると気温の上昇と共に衛生環境が著しく悪化する事から伝染病や食中毒が蔓延し多くの人が亡くなっていたとされ、中国では旧暦の5月を悪月として忌み嫌う風習があります。

悪月の5月の中でも、陰陽道の陽数の5が重なり陽の気が強過ぎる5月5日には表門や裏門など至る所に厄除け効果を有する菖蒲を指していたとされ、陰陽道の慣習と中国の古い風習が日本に伝播したと考えられています。

現在の端午の節句は、武士を象徴する刀と兜を身につけた武者人形や健康な子供を代表する金太郎人形などを飾り子供の健やかな成長を祈願する意味を持つ儀式となり、現在ではどこの家庭でも行う儀式となっています。

端午の節句はなぜ男子の日なの?

現在の端午の節句は、5月5日に行われる男の子の節句として定着したいますが、日本社会が武士主導となるまでは女性の為の儀式として行われていました。

日本では、古くから田植えの時期となる5月には稲穂の神や五穀豊穣の神に若い娘達が邪気を祓う効果を有する菖蒲の飾られた場所で身の穢れを祓う5月忌みや忌みごもりが行われており、宮中で行われていた中国の陰陽道に基づいた端午の節句と融合したと考えられています。

スポンサーリンク

しかし、邪気を祓う為に使用されて来た菖蒲と日頃から武士が重要視して来た尚武や勝負と語呂が全く同じ事から、武士が端午の節句を重要な節句と考える様になり女性の節句から男の子の節句と変化した経緯があります。

端午の節句の代表格とも言えるちまきは、春秋戦国時代を詩人にして有能だった政治家の屈原正則を水葬にした際に大事な屈原正則の遺体が魚に食べられない様に一緒に流した餅に起源があり、ちまきや柏餅にも魔や邪気を祓う効果があるとされています。

なぜ鯉のぼりをあげたり鎧兜や五月人形を飾る?


端午の節句には、武者人形や金太郎人形及び鯉のぼりが飾られ、ちまきや柏餅など子供達の喜ぶ食べ物も用意されています。

鯉のぼりは、皐月の鯉の吹き流しと呼ばれ江戸中期に始まった風習であり、五色の吹き流しだけでは見た目に寂しい事から中国の登竜門の伝説に因み行われる様になったと言われています。

登竜門の伝説は、中国王朝正史24巻の後漢書に登場する故事であり、黄河の上流にある竜門山を切り裂いて流れる竜門を登り切った鯉が竜になって天に昇ったと言う伝説です。

端午の節句では、竜になった鯉の様に男の子が一角の男に出世する事を願って飾られています。

武者飾りは、屋敷の敷地外を彷徨う魔や邪気が屋敷内に入ってこない様に玄関先や門に刀や鎧兜を飾っていましたが、太平の世となった江戸時代には刀や鎧兜を持っていない武士が多くなって来た事に加え、裕福な商家が武士の真似をして屋敷内に刀や兜などを飾る様になったとされています。

武者飾りは、雛飾りと同様に魔や邪気を身代わりなって祓う形代として飾られ、武者飾りも雛飾りと同様に1年だけで無く複数年五月人形として飾る様に変化したと考えられます。

まとめ

大昔は、子供の生存率がとても低く、我が子の成長を願い、家の繁栄を願って行ってきた儀式の一つが、端午の節句でした。

現在は、男の子が生まれたお祝いのイベントとして、鯉のぼりを揚げたり、鎧兜を飾り男の子の成長を祝う場合がほとんどです。

端午の節句も桃の節句同様、我が子の健やかな成長を望む、親の願いが生んだ、大切な儀式なのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク