スポンサーリンク

ぼたもちとおはぎの違いは?

ぼたもちとおはぎの違いは、こしあんとつぶあんの違い?

それとも、お米の粒を残して作るのか、お餅で作るので違う?

もしかしたら、大きさが違う?

ぼたもちとおはぎの違いは、諸説あるようです。

本当のところは何が違うのでしょう。

ぼたもち

ぼたもちのは、粳米ともち米を合わせて炊いたり蒸したりしたご飯を軽くついてから丸めて餡子(あんこ)やきな粉などをまぶしたもののことです。

ぼたもちに利用している小豆餡の赤さが、春に咲く牡丹の花に似ていることから呼ばれるようになりました。

お米を軽くつくことから、別の名前で呼ばれることもあります。

おはぎとぼたもちは基本的には同じ食べ物ですが、作る季節や材料などで呼び分けられているのが特徴です。

ぼたもちは漢字で書くと牡丹餅と書き、季節によって呼び方が変わることが多くあります。

大きさでも呼び方が変わる場合があり、小さい方がおはぎで大きい方ぼたもちです。

使う材料によっても、2つを呼び分ける地方があります。お

はぎを作る場合は、粒あんを使うことが特徴です。

使うお米や餡子(あんこ)の種類でも、呼び方が変わってきます。

もち米や小豆の餡子(あんこ)を使ったものや、お米の形がなくなるまでついたものを指すことがあり、呼び方は全国共通ではありません。

おはぎ

おはぎもぼたもちと同じような食べ物で、粳米ともち米を使っています。

漢字で御萩と書き、秋のお彼岸の時期にたくさん咲き乱れる萩の花に似ていることから呼ばれるようになりました。

お米の状態によっても、呼び方が変わる地方も少なくありません。

スポンサーリンク

粳米やもち米をついてから丸め、小豆で作った餡子(あんこ)をまぶしたものを呼ぶ地方もあります。

また、お米の状態のまま餡子(あんこ)の中に入っている物をおはぎと指す地方もあり、全国で統一された呼び方はありません。

できあがった時の大きさで、2つを呼び分けている地方もあります。

牡丹よりも花が小さいため、おはぎを作る時は少し小さめなのが特徴です。

使われている餡子(あんこ)によっても、呼び方が変わる場合があります。

作る時には粒あんを使うことが多くなっています。

収穫したばかりの小豆を使うので、柔らかく皮まで食べることができるためです。

粒あんや小豆やお米の形が残っている物を、おはぎと呼ぶ地方が多いことが特徴になっています。

つぶあんとこしあんの関係

ぼたもちとおはぎに使われている餡子(あんこ)には、作業工程の違いによって違いがでてきます。

作る工程も途中までは同様で、どちらも使うのは同じ小豆です。

水に入れた小豆を煮て、水分を吸わせます。小豆が割れてくるまで煮込み、水を入れて冷やします。ザルなどに開けて水分を切り砂糖を入れて炊き上げ、この後の工程が2つの違いです。

煮込んでいき水分がなくなったら、鍋の中でつぶしていきます。

この状態の餡子(あんこ)とつぶあんと呼んでいます。砂糖を加えて炊き上げてから、ヘラとこしきを使いこしていきます。

全て終わったらもう一度こし、そのままの状態でしばらく置いておき水分を搾り取った餡子(あんこ)がこしあんです。

完成した餡子(あんこ)には、作業工程の違いによって口当たりが変わってきます。

こしあんはこしきで皮などを取除いているので、クリーム状に仕上がるため口当たりが滑らかなのが特徴です。

つぶあんは、小豆の皮が残っているので、粒や皮を感じながら食べることができます。

まとめ

今では、ぼたもちやおはぎは、季節に関係なくいつでも食べることができる和菓子です。

ですが、お彼岸という古くからの行事で季節を感じながら、ぼたもちやおはぎを頂き、ご先祖を敬うのも、日本人の美徳ではないでしょうか。

ぼたもちやおはぎが美味しいからといって、食べ過ぎないようにしてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク