スポンサーリンク

仔犬の時に打つべきワクチンの種類とタイミング


可愛い仔犬を迎え入れた時、仔犬が怖いウイルスに感染しないように混合ワクチンを打ちます。

混合ワクチンといっても数種類あり種類が多く入っているワクチンならば安心と思っていませんか?
8種・9種の混合ワクチンを動物病院で進められますが、5種混合ワクチンが金額と対応感染症のコスパが良いのです。

5種混合ワクチンがコスパが良い

人間の赤ちゃんも病気から守るために様々な予防接種を行いますが、それと同様に犬にも病気から守ってくれるワクチンがあります。

ワクチンには色々な種類がありますが、5種類の感染症を防ぐことができるワクチンが5種混合になります。5種混合は犬バラインフルエンザ感染症・犬アデノウィルス感染症・犬バルボウィルス感染症・犬ジステンバー・犬伝染性肝炎といった5種類の病気を防ぐことができます。

例えば、犬バラインフルエンザ感染症は風邪のような症状が出るもので、伝染性が非常に高いとされています。重症化すると死亡する事もあります。

犬アデノウィルス感染症は、他のウイルスとの混合感染を起こすと死亡するリスクが高くなる恐ろしい病気です。

犬バルボウィルス感染症は激しい嘔吐や下痢を引き起こすもので、感染性が高く死亡率も高く犬のコロリ病と言われています。

5種混合ワクチンは1つ1つワクチンを打つよりも手間がかからず、コスパが良いというメリットがあります。

犬ジステンパーと犬パルボウイルスが最も怖い感染症と言えます。

種類が多いワクチン

ワクチンには、6種混合や8種混合といった種類が多いものもあります。

6種混合ワクチンは5種類の病気に加えて、犬コロナウイルス感染症を防ぐことができます。

8種混合ワクチンの場合には、6種類に加えて犬レプトスピラ感染症を防ぐことができるようになっています。

犬レプトスピラ感染症は2種類のワクチンが必要なので、全部で8種類となります。

ただし、犬コロナウィルス感染症と犬レプトスピラ感染症は発症例が少ないので、自宅やその周辺で生活する場合には必ずしも必要というわけではありません。

そのため5種類もあれば十分ではないかと考える飼い主も多くいます。

スポンサーリンク

海や山など色々なところに出かけることが予想される場合には、種類を多めにしておいた方が安心かもしれません。

種類が多いワクチンのデメリットには、値段が高いことが挙げられます。

単純に多い方がいいというわけではなく、どういった生活を送るかなどを考えて適切なものを選ぶ必要があります。

ワクチンを打つ時期

仔犬が初めてワクチンを打つなら、生後70日前後が良いとされています。

それより前だと母親から母乳で抗体をもらっているので、感染症にかかることはないからです。

その後、抗体は徐々に減っていってしまうので今度は感染症にかかりやすくなります。

それが消失する生後70日前後にワクチンを打つのが推奨されています。

ワクチンは複数回打つ必要があり、2回目の接種は1回目から3週後に打つのがおすすめです。

どうして何度も打つのかというと、母親からの抗体が消失する時期には個体差があるからです。

生後100日以降になっても、抗体が残っているという犬もいます。

最初にワクチンを打った時点で抗体が残っていると、新しく作られないので犬は免疫を獲得することができません。そのためもう一度、接種する必要があるのです。

また、それから3週間後にワクチンを打つと確実に免疫を獲得することができるので、1回だけではなく3回の接種が推奨されています。

まとめ

ペット保険のペッツベスト
医療費用の80%を保障!(免責金額を除く)

混合ワクチンは、相場がありますが動物病院によってまちまちです。
動物病院に直接問い合わせるのが一番ですが、公園などでワンちゃんを連れている方に聞いて見るのも良いかもしれません。
犬好きの人は、親切な方が多いから教えてくれます。

ペットショップで仔犬を購入する場合、母犬が妊娠前にワクチンを接種しているか確認してみて下さい、接種している母犬から産まれた子は、免疫力が高くなっています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク