スポンサーリンク

病気見舞いの金額と渡すタイミング

知り合いが、病気や怪我で入院した時、お見舞いに伺った時にお見舞金を渡すタイミングで迷います。
また、いくら包んだら良いかも悩みます。

結論から言うと、渡すタイミングは、いつでも良いのです。

ちょいワル親父は、訪れた時にできるだけ早いタイミングでお見舞金を渡します。
金額的には、5000円から10000円の間です。

渡すときに、お返しはいらないから!と一言添えて渡すようにしています。

お見舞金の金額

病気やケガで入院を余儀無くされた人の助けになるのがお見舞金です。

入院は色々とお金がかかりますし、生活費の一部に当てることもできますので、物よりも現金の方が役立ててもらえます。お見舞金の相場は、相手との関係や自分の立場によって変わってきます。
一般的に多いのが3,000円・5,000円・10,000円となっています。

同僚にお見舞金を渡す場合は、個人であれば3,000円〜5,000円がベストです。

同僚が複数いてお金を出し合う場合は、1人当たり1,000円〜3,000円が相場でしょう。

お見舞金を出す人数が多いとお礼が大変になるので、お返しの必要は無いと伝えることも大切です。

親戚関係の場合は普段の付き合いにもよりますが、身内なので入院費や生活費の援助という意味合いが強くなります。

相場は5,000円〜10,000円であれば大丈夫でしょう。

友人の場合も普段の付き合いによって変わってきますが、3,000円〜10,000円が相場となっています。

友人も何人かで出し合う場合は1人当たり1,000円〜3,000円が良いです。相手に気を使わせない金額を話し合いましょう。

お見舞いを渡すタイミング

お見舞金を渡すタイミングは、決まったものはなく基本的にいつ渡しても良いです。

入室時や会話が落ち着いた時、退室時など、渡せそうな時を見計らって渡しましょう。

体調によっては面会時間が決められていますし、医師や看護師さんが体調のチェックに来るなど、人の出入りが多い場合があります。

お見舞金は気持ちのものであり、サッと手早く渡すものではありません。

スポンサーリンク

一言添えて丁寧に渡したいので、病室内が落ち着いているタイミングで渡す方が良いです。

入室時に挨拶した流れで渡すと渡しそびれることもないので、うっかり持ち帰ってしまいそうで心配な場合は先に渡しましょう。

お見舞金を渡す時は、心配している旨や早く回復して元気になって欲しい、今は何も考えずにゆっくり体を休めて欲しいという思いを伝えて渡します。

「お見舞いの品に迷ったのでその代わりに…」「心ばかりですが…」と言葉を添えて渡すと、相手も受け取りやすくなります。

本人ではなく家族の人に渡す場合も同様です。

お見舞いのタブー

お見舞い金を包む時に気を付けるべき点がいくつかあります。

まず、病院や入院は決して縁起の良いものではありませんので、数字に配慮するのが一般的です。

日本の文化では「4・6・9」は、お見舞いでは避けるべき数字とされています。

体のことで弱気になっている人に不吉なことを連想させるのはタブーですし、受け取った相手は良い気がしません。

また、会社の上司や同僚、たくさんの友人やサークル仲間などが大人数で押し寄せると迷惑になります。

見舞いたい気持ちはお見舞金に託して、代表者がまとまったお見舞金を持っていくという形も良いでしょう。

目上の人や年上の人のお見舞いで、現金を渡すのは失礼にあたるというのが一般的な常識なので注意しましょう。

基本的にはお見舞金よりもお見舞いの品を渡すべきだとされています。

現金を渡すことで、お金に困っていると判断したと取られてしまうからです。

ただし、病気見舞いや災害見舞いでは現金でも失礼に当たらないので、お見舞い金を入れる袋の表書きに「御伺」とすると良いです。

まとめ

お見舞いに伺う場合に一番大切なのは、気持ちです。

最低限のマナーさえ守っていれば、心配している気持ちが伝われば、ベストなのです。

また、怪我や病気が治った時にお礼の心配をさせない事も、必要です。

気持ちと配慮を考えて、お見舞いに行ってください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク