スポンサーリンク

口臭がうんこくさいのはなぜ?


うんこ臭い口臭は、日本人独特の臭いと言われています。

日本人が抱えているストレスや食習慣からくる腸内異常。

また、イビキなどの原因になる口呼吸も原因ですし口腔内の衛生が保てないのも原因です。

うんこ臭はどんな臭い

日本人に多いと言われるうんこ臭ですが、うんこなどという独特の表現でもありますが口臭が便のようなニオイで表現されたり、腐敗臭や硫黄のような臭い、おなら臭い、糠みそ臭いなどとも表現されることがあります。

鼻から呼吸の際にニオイが出るのが特徴の便のような臭いがするのは、臭いの元になるのは食べた物が腸の中で発酵した時に出るガスの臭いです。

腸内で発生するガスにはメタンガスと水素ガスがありますが、おならはメタンガスですが、メタンガスと水素ガスともに血管内に吸収されて呼吸に混じることで臭いとなります。

これは誰にでも起きることで、両方の濃度が低い場合にはぬか臭くなり、この場合はそれほど他の人に迷惑となる臭いではないのですが、両方の濃度が高いと独特の臭いになります。

口が臭い場合にはストレスが考えられます。

特に日本人に多いと言われるこの口臭は日本はストレス社会なので精神的や肉体的にもストレスは溜まりやすく腸も活発に動かなくなり腸内の異常発酵が起きやすくなるのです。

うんこ臭の原因

うんこ臭の原因にはストレスもありますが、他にも原因はいくつか考えることができます。

うんこ臭い口臭は便秘に原因が考えられます。

朝トイレに入る時間がない、運動不足、繊維の含まれる野菜を摂らず肉類が多いなどの理由で便秘になる人も多く、腸内の排泄物が発酵してガスができ腸内のガスが血液に吸収されて呼気となり口や鼻から便のような臭いの口臭がします。

胃腸が原因ではない場合、実際にうんこ臭ではなくても便のような臭いに感じる原因もあります。
虫歯からの腐敗臭、歯周病菌による膿の臭い、舌苔からの口臭、膿汁の臭いであったり、蓄膿症の膿の臭い、歯磨き不足によるプラークからの腐敗臭などです。

スポンサーリンク

また口呼吸や唾液の分泌が少ないドライマウス症が原因の場合もあり、口腔がんや舌がんなどの病気である可能性も考えられます。

口臭があると腸内の環境を疑うことも多いものですが、実は便のような臭いと感じるような他の原因もあるので注意が必要です。

うんこ臭の対策

対策は歯磨きだけでは解消しないこともあります。

便秘が原因の場合が考えられるので、便秘を解消するために腹筋運動やウォーキングなどの運動をすることで腸の動きを活発にします。

ストレスを溜めないようにスポーツで発散したりリラックスすることも良いことです。

暴飲暴食を控え食物繊維や発酵食品を食べますが肉が多い場合には肉を減らす食生活をし、睡眠もしっかりとり腸を健康にすることでうんこ臭が治り体も健康になります。

口腔衛生もしっかり行うためにまずは歯磨きを正しく行い、臭いを防ぐ歯磨き粉や歯周病を防ぐ歯磨き粉などを使って行うと良いです。

また歯磨きだけでは解消しない場合もあるので虫歯などがある場合には歯医者で治療をすることも必要です。

ドライマウスの場合はドライマウス自体を治すことは難しいこともありますが、対策としてうがいをしたり、部屋の保湿、唾液の分泌を促す歯茎のマッサージや口呼吸から鼻呼吸への習慣をつけたり、マスクを着けるなども効果的です。

まとめ

うんこ臭い口臭は、全体に的に見て、内臓が弱ってきている証拠なのかもしれません。

普段から、節制して内臓に負担をかけない。

そのことは、皆さんもわかっていることです。

ですが、会社や友達とのお付き合いもこれから生活して行くためには、避けて通ることの出来ない部分でもあります。

ですから、できる範囲で、1週間に1日でも2日でも、内臓に優しい生活を送って見ましょう。

そうすることで、日々のストレスも軽減できます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク