スポンサーリンク

急性心不全と診断される病名とは

名バイプレイヤーとして名高い大杉漣さんが、お亡くなりなった急性心不全ですが、心臓が急に停止して、亡くなる症状のことです。

医師が、病院で死亡宣告をする場合、脈拍が停止したのを確認して行いますので、全てが心不全な訳です。

急性心不全と診断される病気はす種類あり、その中で、特に多い疾患3つを解説します。

大動脈解離

大動脈解離とは、心臓の左心室から出ている大動脈の内部で亀裂が出来てしまうために、そこから血液が流れ込んでしまい血管の内部がどんどんと薄い皮のように剥がれてしまっている病気です。
剥がれていった薄い皮によって本来は血管が流れていく穴と裂け目によってできた空間とに分離してしていきます。

その状態が長く続くと、薄い皮では血圧に耐えきることできずに破れることで、本来の穴を塞いで血液の流れが止まります。

大動脈解離の原因は、明らかにはなっていないのですが、高血圧や血管の壁が弱くなる病気であったり、妊娠中でホルモンバランスが乱れているときに起きやすいと考えられています。

症状としては、裂けてしまったところで激しい痛みを感じたり、脳に血液が回らなくなり意識消失が起きたりします。

また、血液の流れが滞ることで心臓やほかの臓器が壊死を起こして機能が止まってしまいます。それにより最悪の場合には死に至る危険性もあります。

心筋梗塞

心筋梗塞は、心臓を動かす筋肉に酸素と栄養を供給する血管が詰まってしまい、血液が届かなくなる病気です。

筋肉に血液が届かなければ壊死が起こり、それにより心臓の動きが鈍くなります。

壊死している筋肉が多くなると、全身に血液を送り出すことが出来なくなり、心臓と一緒に機能を停止してしまいます。

スポンサーリンク

なぜ心筋梗塞が起きるのかというと、その原因は血管を詰まらせるプラークという脂肪が出来ることです。

プラークは食事や運動・喫煙などの生活習慣の乱れや過度のストレスなどによって悪玉コレステロールが増えることで多くなります。

心筋梗塞の症状としては、胸に激痛を感じたり激しい汗をかいたり、呼吸が出来なくなったりすることが挙げられます。

心筋梗塞は急に痛みを感じることが多いですが、そうなる前にも汗や吐き気といった前兆を感じることがあります。

このときに危険性があるときがついて病院に行くことが出来れば、命が助かる可能性が高まります。

不整脈
心臓が血液を送り出すために繰り返す収縮が脈となります。

脈はある程度規則的なのですが、不整脈となると異常に血管の収縮が以上に早くなったり遅くなったりすることもありますし、時々止まったり逆に大きな拍動が起きる、といったことにもなります。

不整脈になる原因は、生まれつきの体質でなることもあれば、生活習慣の乱れや加齢によって引き起こされることもあります。

過度なストレスもまた不整脈に関係していることがわかっています。持病のある人はその病気によって誘発されたり、飲んでいる薬の副作用が原因で起きることもあります。

症状としては、軽い状態であればただ不整脈を感じるだけですが、重くなるにつれて動悸・息切れから目まい・失神といったことが出てきます。

不整脈が危険なのは、そうして意識を失ったときに怪我をしてしまうこともありますが、頻脈が起きている心房細動というものでれば血栓が出来やすい状態になるのでとても危険です。

血栓が血管を詰まらせてしまうと、その塊が脳や心臓の血管を詰まらせて命を落とすこともあるからです。

まとめ
急性心不全と診断される三代疾病は、成人病が引き金で起こることが多く、日頃の健康管理が大切です。

日頃から、不摂生をなるべくせず、ストレスを貯めない生活送るようにしましょう!

それと、定期的な健康診断がすべての病気の予防になりますから、受けるようにして下さい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク