スポンサーリンク

羊山公園の芝桜が一番綺麗なのはいつ

毎年、4月の後半から5月の初めはの秩父市内は、人・人・人で賑わいます。

人で賑わう原因は、羊山公園の芝桜です。

秩父駅から羊山公園まで、人の流れがが続き、道路は駐車場から溢れた車で大渋滞が起きます。

あまりの人気で、秩父市内の交通が麻痺をして市内在住の方が、怒りだし、車で芝桜を踏み荒らした事件を引き起こしたくらい沢山の方が芝桜を見に訪れます。

羊山公園の芝桜とは

羊山公園は、埼玉県の奥座敷、秩父の武甲山の麓の公園です。

公園の北側は「見晴らしの丘」南側は「芝桜の丘」と呼ばれ市街地を一望できる高台にあります。

公園の南側には2000年から芝桜の植樹が開始されました。

それは年々株数を増やしていて、毎年拡張されていっています。

その広さは約17,600平方メートルまで広がっています。
公園のある羊山丘陵の斜面を利用し、ピンクや白、紫色など色とりどりの芝桜9種類を組み合わせ40万株以上植えられている景色は見事です。

その景色はゴールデンウィーク の頃になると「花のパッチワーク」と呼ばれるほど美しく花が咲き誇ります。

また、4月中旬~5月上旬の芝桜まつり期間中は芝桜の丘の隣で、「秩父路の特産市」も開かれています。
秩父の特産の販売やB級グルメの味噌ポテトや、そばやうどんの軽食も販売されていて、見頃を迎える時期なので特産市なども立ち寄り景色を満喫しながら一日楽しむことができます。

羊山公園の芝桜の見頃は

開花状況は天候に左右されますが、例年4月中旬ごろから芝桜の丘の全体が鮮やかな色に染まりはじめます。

スポンサーリンク

見ごろは5月初旬のちょうどゴールデンウィークのころになることが多いです。

9種の花は見るポイントによってグラデーションも違って見えます。

公園内を歩いて様々なところから見るのも良いですし、5月1日から山開きとなる武甲山の頂上から羊山公園を眺めるのも、芝桜に染められた斜面と緑豊かな山のコントラストが美しくおすすめです。
距離も変えてみることで色々な風景を楽しむことができます。
遠くから観ると一面に広がる芝桜が丘の形にぴったり添いパッチワークのように見えます。

また、近くから見ると可愛らしいハート型に見えます。高低や遠近を色々と見るポイントを変えてお気に入りの場所を探すのも楽しめます。

芝桜はサクラに似た形をしている花ですが、サクラの仲間ではなく、ハナシノブ科に分類されます。
北米原産の多年草で、寒い地域で親しまれている花です。日本国内では羊山公園以外に北海道や富士山麓にも名所があります。

羊山公園の入園料とアクセス

芝桜の丘は、見頃の期間のみ入園料があります。毎年拡張を続けている芝桜の丘の維持費に当てられるための費用です。

入園料は一般:300円、一般団体(20名以上):250円です。中学生以下は無料になっています。有料期間の花の見頃の時期は入園時間が8時から17時です。

障害者手帳や療育手帳又は、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方は、入園料が無料となります。(各種手帳の提示が必要になります。)見ごろの時期に開催される「秩父の特産市」も有料エリア内に含まれているので注意しましょう。

アクセスについて・鉄道を利用する場合、西武鉄道横瀬駅から徒歩1.4km、西武秩父駅から徒歩1.5km、秩父鉄道御花畑駅(芝桜駅)から徒歩約1.5kmです。

車を利用の場合、関越自動車道花園ICから国道140号、皆野寄居バイパス利用25㎞、圏央道狭山日高ICから国道299号を約39kmの位置にあります。

見頃である芝桜まつりの期間中は、羊山公園内の駐車場が満車となることが予想され、その場合周辺の臨時駐車場へ案内されることもあるなど、大変な混雑が予想されます。

公共交通機関の利用がおすすめです。

まとめ

芝桜を楽しむためには、公共交通機関を利用して、羊山公園に向かうのが一番良い方法です。

芝桜を楽しんだ後は、秩父名物 ソースカツ丼を食べて、秩父駅の前にある温泉で疲れを癒すなど楽しみ方は色々あります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク