スポンサーリンク

五月病で知っておきたい原因と対策

新入社員や新入生が、入社や入学して、一月ほど経つと聞く言葉が、5月病です。

希望持って入学・入社して頑張って来た結果、心が疲れて来たり、肉体的に限界がきたりして、五月病は発症します。

一般的に、新入社員や新入生に、大きな期待は持ちません。

期待されていると思っているのは、あなただけかもしれません。

本当は、期待されていると思いますが、それくらいの気持ちで、リラックスして、生活を送る方が、後々、あなたの新人時代を過ごせます。

五月病とは

4月から就職や転勤などにより、新しい生活が始まるという人も多いでしょう。

環境の変化に上手く適応できなかった場合や適応しようとして頑張り過ぎた場合、うつのような症状になってしまうことがあります。

このような症状を五月病と呼んでいるのですが、これは医学的な病名ではありません。

医学的には適応障害や軽度のうつ病などと診断されることがあり、さまざまなタイプがあるということです。

通過儀礼的なものだから放っておけば治ると考えている人もいるかもしれません。

しかし、人によってはうつ状態になってしまうこともありますし、会社に行けなくなってしまうということも考えられます。

生き生きとした生活を送るためにもこの症状について詳しく知っておくと良いでしょう。

五月病の症状は身体的なものと精神的なものに分けることができますが、両方が同時に出てしまうこともあります。

スポンサーリンク

体の不調としては食欲不振や眩暈、疲労、睡眠障害などがあり、精神的な不調は憂鬱になることやイライラするなどが挙げられます。

五月病の原因

5月病は新しい環境になかなか馴染めないことが主な原因とされています。

そのため時間の経過とともに症状が軽減される傾向にあります。

しかし、場合によってはなかなか症状が改善されずに長引いてしまうこともあります。

なぜ環境の変化が五月病の原因になるのかということですが、環境が変わると気付かないうちに身体的なストレスや精神的なストレスを溜め込んでしまうためと言われています。

知らないうちに抱えていたストレスが一気に重くのしかかってくるため、五月病の症状が起きてしまうということです。

新しい環境に身を置く限り、どのような人でもこの症状にかかってしまう可能性はあります。

特に責任感が強い人や几帳面な人、完璧主義の人、真面目な人、大人しい人などは注意が必要です。
また、これらの性格に当て嵌まらない場合でも新生活に向けて全く準備をしていなかった場合、環境の変化についていけなくなって五月病になってしまうこともあるので注意しましょう。

五月病にならない為の対策

五月病は新しい環境に上手く馴染めないことがおもな原因であり、そのストレスを軽減することが重要な対策となります。

ストレスを溜めこまないようにしたいという場合、適度な気分転換がポイントです。

好きな音楽を流してリラックスするのも良いですし、汗を流して気分をすっきりさせるのも良いでしょう。

悩みや不安を人に話すこともストレス解消に役立ちます。
五月病になってしまう人の中には悩みや不安をあまり人に話さないという人も多いです。

しかし、親しい友人や家族などに話すことにより、気持ちが落ち着くこともあるのです。
違う環境の中で人間関係を築いたり仕事をこなすのは難しいことですし、最初から上手くできると考えるのは良くありません。

完璧にすることを目標とするのではなく、7~8割できたら良いと考えましょう。没頭できる趣味を持つこともストレス解消に役立ちます。
短い時間でも学校や職場のことを考えなくても良い時間を作るようにしましょう。

まとめ

あなたを、期待し始めるのは、早くて8月頃、即戦力と言われているかもしれませんが、それほど社会は、簡単ではありません。

ですから、まずは、会社や学校に慣れることを考えて、生活して下さい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク